« 韓国のプロパガンダの朝日です | トップページ | 河野談合を未だに認めない »

韓国は2ちゃんねるが証拠です

韓国検察、2ちゃんねるの書き込みを証拠として提出 記事は「大統領の名誉を傷つける意図」
 【ソウル=藤本欣也】朴槿恵大統領への名誉毀損で加藤達也前ソウル支局長を在宅起訴したソウル中央地検が、問題とされた加藤前支局長のコラム「朴槿恵大統領が旅客船沈没当日、行方不明に…誰と会っていた?」に対し、インターネット掲示板「2ちゃんねる」などに寄せられた過激な書き込みを集めてソウル中央地裁に意見書として提出していたことが、27日の公判で明らかにされた。
 李東根(イ・ドングン)裁判長は法廷で「低俗な内容なので言及しない方がいい」と述べ、書き込みについて公開しなかったが、関係者によると、「整形のメンテにでも行ってたんじゃないの」「女なんだからデートもするでしょう」など、朴大統領を中傷するような内容がほとんどだという。
 検察側はこの日の公判で、意見書を基に「(加藤前支局長のコラムに対する)日本国民の主な反応は男女関係にあったことが確認できた」とし、「コラムは公共の利益のために書かれた」という弁護側の主張を否定する証拠になると強調した。
 これに対し、弁護側は「メディアでもないサイトに寄せられた匿名の意見」であり、「偏った極端な一部の考え」であると反論。「こうしたコメントが果たして日本国民の意見だとみなすことができるのか、非常に疑わしい」「これらのコメントを、加藤前支局長のコラムに対する日本国民の反応だといえる検察の勇気がうらやましい」などと批判した。
 韓国の司法関係者は検察側の意見書について、「無理な見解であり、出さない方がよかった。加藤前支局長を有罪にしようという焦りが感じられる」と指摘している。(以上(産経ニュース2015.7.27 19:12)より引用)
http://www.sankei.com/world/news/150727/wor1507270031-n1.html

 朴槿恵の糞ババアへの名誉毀損で在宅起訴された産経新聞前ソウル支局長の裁判で、ソウル中央地裁に2ちゃんねるの記事を意見書として提出していたことが発覚した。
 南朝鮮の司法当局としては、とにかく産経新聞記者を有罪にしたくてこのようなことまでするのだろうが、無理な見解としか言いようがない。それとも、南朝鮮の司法当局は2ちゃんねるの投稿記事を以て、産経新聞記者がけしかけたとでも難癖をつけるつもりだろうか?
 まともな裁判もできない、遡及法でも簡単に作ってしまう南朝鮮で逮捕されると、前々世紀の裁判で、無実の罪を着せられることになるから、近寄らないことに限る。(No.4528-2)

|

« 韓国のプロパガンダの朝日です | トップページ | 河野談合を未だに認めない »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61979860

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国は2ちゃんねるが証拠です:

« 韓国のプロパガンダの朝日です | トップページ | 河野談合を未だに認めない »