« 本当のことを並べている民主 | トップページ | 合区の恨みは安保法で晴らす »

入力ミス年金が懲りてない

年金機構、入力ミス10万件が原因…理事長謝罪
 日本年金機構が個人情報流出の被害に遭った人たちに「流出はない」と誤って説明していた問題で、機構は13日、流出した人を照会できるコンピューターシステムへの入力ミスが約10万件(約8万6000人分)あり、これが大半の誤りの原因だったと発表した。
 機構によると、6月1日に約125万件の情報流出を公表した後、翌日から流出した人の基礎年金番号を照会できるシステムの運用を開始。しかし、入力ミスが10万286件あったほか、システム上は流出該当者として表示されていたにもかかわらず見落としたケースもあり、問い合わせがあった計2449人に対し、実際には流出しているのに「流出がない」と説明していたという。
 記者会見した機構の水島藤一郎理事長は「誠に申し訳ない。なぜこういう事態となったのかきちんと検証する」と謝罪した。(以上(読売新聞2015年07月13日21時15分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150713-OYT1T50077.html

 年金個人情報を垂れ流した日本年金機構が、照会システムへの入力ミスが10万件もやっていたことが分かった。
 ハッキリ言って、日本年金機構は何を仕事としているのだろうか?旧社保庁時代には、キーボードを打つ回数も限定して如何に仕事をしないかということに腐心していた。そのために、消えた年金の回復で3000億円もの血税を使ったが、民主無能政権の長妻が旧社会保険庁の責任追及を放棄したので、誰も罰せられることはなかった。そして今回の情報漏洩事件でも、安倍総理がサッサと対策費用を「税金か年金保険料」と宣言したから、日本年金機構は何も痛まないのだ。それゆえにいい加減な仕事をしていると考えてもよいだろう。厚労省は、日本年金機構の監督のために組織を増殖させることを考えているが、そのような物は糞の役にも立たない。日本年金機構の職員全員を「専門職」にして、ノルマを達成するまで、無料で残業させて対応し、外注させないようにするべきだ。さらに、チェックは、職員のダブルチェック体制にして、そのチェックに無限責任を負わせるべきだ。これ以上、日本年金機構の尻拭いに血税を垂れ流すことは止めて、日本年金機構の中で、何とかするべきだ。
 日本年金機構の糞の役にも立たない穀潰し理事長の水島藤一郎が、ちゃんと検証するとほざいているが、検証してもそれを実務にフィードバックさせない限り全く意味がないということに理事長自体が気付いていないのだ。

|

« 本当のことを並べている民主 | トップページ | 合区の恨みは安保法で晴らす »

危機管理」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

年金」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61885648

この記事へのトラックバック一覧です: 入力ミス年金が懲りてない:

« 本当のことを並べている民主 | トップページ | 合区の恨みは安保法で晴らす »