« 合区の恨みは安保法で晴らす | トップページ | 近代国家でないから仏像は返さない »

何もかも韓国抜きがやりやすい

韓国抜きの決着も辞さず…関税撤廃交渉で日米欧
 デジタル機器の関税をなくす情報技術協定(ITA)の対象品目を広げる交渉が14日、スイスで始まった。
 関税撤廃を急ぎたい日米欧に対し、韓国は液晶パネル部品を対象に加えるよう求めて合意を拒んでおり、動向が注目される。
 ITAでは現在、78か国・地域で、パソコンや携帯電話など157品目の関税をなくしている。今回の交渉では、このうち53か国・地域でデジタルビデオカメラやMRI(磁気共鳴画像装置)など約200品目を対象に加えようとしている。
 昨年11月、米中両政府が約200品目を対象とすることで合意し、各国は米中案に沿う形で最終調整に乗り出した。だが、韓国が液晶パネル部品が対象から外れていることを理由に反対し、交渉が停滞している。
 対象が広がれば、世界の国内総生産(GDP)を約1900億ドル(約23兆円)押し上げる効果があるとの推計もある。日米欧は、一部の対象品目にこだわるよりも、合意できた品目の関税撤廃を優先したい考えだ。
 韓国は要求を諦める姿勢を示しておらず、交渉は難航する可能性がある。日米欧は、韓国抜きの決着も辞さない構えだ。(以上(読売新聞2015年07月14日22時45分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150714-OYT1T50140.html

 デジタル機器の関税をなくす情報技術協定(ITA)の交渉で、南朝鮮が液晶パネルを対象に求めて合意を拒んでいるそうだ。
 南朝鮮は、とにかく自国の思うとおりにならないと火病を起こす輩なので、放置しておけば良いことであり、南朝鮮だけ世界からハネにすることこそ世界の利益になるのだ。
 世の中が南朝鮮の思い通りにはならないことを世界が知らしめる意味でも、南朝鮮抜きで決着させるべきだ。(No.4514-2)

|

« 合区の恨みは安保法で晴らす | トップページ | 近代国家でないから仏像は返さない »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61891928

この記事へのトラックバック一覧です: 何もかも韓国抜きがやりやすい:

« 合区の恨みは安保法で晴らす | トップページ | 近代国家でないから仏像は返さない »