« 何もかも韓国抜きがやりやすい | トップページ | デザインだけなら建築家は要らぬ »

近代国家でないから仏像は返さない

対馬仏像盗難、「近代国家なら2体返還が筋」観音寺前住職、韓国に不信感募らせる
 長崎県対馬市から韓国人窃盗グループによって盗まれた仏像2体について、韓国最高検は15日、1体のみを返還する意向を示した。今秋の実現を目指す日韓首脳会談に向け、韓国当局による「雪解け」演出の意思も垣間見えるが、対馬の関係者は「近代国家なら2体一緒に返すのが筋だ」と、改めて不信感を募らせた。
 海神神社の国指定重要文化財「銅造如来立像」と観音寺の県指定有形文化財「観世音菩薩坐像」は、いずれも平成24年10月上旬に盗まれた。25年1月、韓国の警察当局が窃盗グループを摘発した際、仏像2体を押収した。
 日本側は再三、返還を要求しており、韓国最高検は、海神神社の「銅造如来立像」について返還を決めたという。海神神社の平山静喜宮司(57)は、喜びながらも「まだ実際に戻ってきたわけではない。最後まで安心はできない」と気を引き締めた。
 ところが、観音寺の仏像については返還のメドすら立っていない。
 押収直後、韓国仏教界から「元々、倭寇に略奪されたものだ」との声が沸き起こり、韓国・大田地裁は25年2月、日本への返還を差し止める仮処分を出したからだ。
 観音寺の前住職、田中節孝氏(68)は「1体返すといっても喜べない。2体は紛れもなく日本からの盗品で、そもそも韓国の裁判所の判断が異常だ。一緒に返すのが筋だ。韓国に対する不信は強まるばかりで、とにかく近代国家としての対応をしてもらいたい」と語った。
 韓国側の対応は、国際ルールを無視した暴挙といえる。
 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の文化財不法輸出入禁止条約では、盗品である文化財の「原産国」への返還を義務付けている。昭和40年の日韓請求権・経済協力協定の付随協定でも、朝鮮半島から流出した文化財の返還問題について「財産、権利などの請求権は完全かつ最終的に解決された」と明記した。
 歴史を鑑(かんが)みても韓国側の主張に理はない。
 朝鮮半島では統一新羅~高麗時代(7~14世紀)に多数の仏像が作られた。観音寺の仏像も韓国の浮石寺で制作されたという。
 だが、14世紀末の李氏朝鮮が儒教を国教としたため、各地で仏像が破壊された。見かねた日本人が、廃棄されるなどした仏像を守ろうと持ち帰った経緯がある。
 観音寺の仏像も、こうした経緯をたどって日本に来たと伝えられている。(津田大資)(以上(産経ニュース2015.7.16 07:18更新)より引用)
http://www.sankei.com/west/news/150716/wst1507160009-n1.html

 南朝鮮が対馬から盗んだ仏像の内、一体を南朝鮮まで取りに来たら返してやるとほざいたそうだ。
 返還されないもう一体の仏像を所蔵していた観音寺の住職が「近代国家なら2体返還が筋」と発言されたらしいが、南朝鮮が近代国家であるはずがない。精々、発展途上国か世界の最後進国と称するべきだ。そもそも、仏像が対馬に逃げてきたのは、朝鮮人が崇拝する世宗が、仏教を徹底的に弾圧したのが原因だ。南朝鮮の仏教界は、倭寇が盗んだというが、日本人に朝鮮人のように仏像を盗んで平気な精神の者はいない。それこそ「罰が当たる」と言って避けるだけだ。それよりも、世宗の弾圧でこの世に存在し得なかった仏像が残っているだけでも南朝鮮は有難く思うべきだ。
 世界の最後進国の南朝鮮には、世界の場で大恥をかかせ続けることこそ調教になるというものだ。日本はユネスコにもこの盗難事件をオープンにして、南朝鮮を糾弾するべきだ。(No.4515)

|

« 何もかも韓国抜きがやりやすい | トップページ | デザインだけなら建築家は要らぬ »

宗教」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61894349

この記事へのトラックバック一覧です: 近代国家でないから仏像は返さない:

« 何もかも韓国抜きがやりやすい | トップページ | デザインだけなら建築家は要らぬ »