« サメの脳引っこんでれば済む話 | トップページ | 売国奴だけが造反して可決 »

公務員新聞読んで業務です

朝日、読売のニュースサイトからも感染 バナー広告表示、即感染 都職員のPC被害
 東京都は21日、インターネットのサイト上に表示されたバナー広告を介し、職員のパソコン(PC)9台がウイルスに感染したと発表した。広告をクリックしなくても、表示されただけで感染するプログラムが仕掛けられていたという。
 9台のうち4台には、都税の還付を受けた人の住所や口座番号など約2700人分の個人情報などが含まれていた。PCはいずれも外部への不正な通信を行っており、流出の恐れもあるが、現時点で被害は確認されていないという。
 個人情報を職員PCに保存することは内規に違反している。日本年金機構の個人情報流出事件と同様に管理が甘く、都は約2700人に謝罪文を送付。再発防止に向け職員にルールの徹底を図る。
 都によると、感染経路は朝日新聞や読売新聞のニュースサイトに表示されたバナー広告のほか、厚生労働省の外郭団体「安全衛生技術試験協会」のホームページ(HP)など。
 ニュースサイト自体に問題はないが、広告に動画再生ソフト「アドビフラッシュプレーヤー」の欠陥を悪用したプログラムが仕掛けられていた。協会のHPは閲覧時にウイルス感染するよう何者かに改竄(かいざん)されており、現在は閉鎖している。
 感染は14日以降に相次ぎ発覚。都は16日に広告が表示できないよう対策を取った。問題の動画再生ソフトの欠陥は8日に判明し、9日に修正プログラムが配布されたが、「修正プログラムが正しく機能するかテストし、全てのPCに適用するには1週間ほどかかる」(担当者)といい、その隙をついて広がったという。
    ◇
 朝日新聞社広報部の話「現在、事実関係を調べているが、朝日新聞デジタルのサイトがウイルスに感染したり、改竄されたりした形跡はない」(以上(産経ニュース2015.7.22 16:15)
http://www.sankei.com/affairs/news/150722/afr1507220004-n1.html

 東京都の職員のパソコンがウイルスに感染したそうだ。
 その原因として、ニュースサイトのバナー広告を介して「アドビフラッシュプレーヤー」の欠陥を悪用したプログラムによるものだとのことだが、そもそも、業務用パソコンでニュースサイトのバナー広告を見ること自体、税金で買ったパソコンを税金で支払われている電気を使って見ていること自体が問題なのだ。少なくとも、業務用パソコンでは、私的使用を一切禁止するのが、企業では当然だと思う。しかし、公務員は放し飼いにされてウイルスに感染しては、違法ファイルが見つかり、個人情報が垂れ流されるという悪弊が今でも収まらない。役所が新聞に情報源を求めるとすれば、何を仕事にしているのかと言いたい。
 公務員もネットを見る場合には、自前のパソコンで、自前のバッテリーからの電気で、休憩時間中に限って閲覧させるようにすべきであり、それに違反した輩は、漏れなく懲戒処分にするべきだ。(No.4522)

|

« サメの脳引っこんでれば済む話 | トップページ | 売国奴だけが造反して可決 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61940139

この記事へのトラックバック一覧です: 公務員新聞読んで業務です:

« サメの脳引っこんでれば済む話 | トップページ | 売国奴だけが造反して可決 »