« 国民よりも政治屋の既得権 | トップページ | 本当のことを並べている民主 »

冷静な意見コリアの極一部

安倍首相「韓国政府は岸田外相の発言が間違っているとは言ってない」、強制労働を否定=韓国ネット「政府の無能さに涙が」「安倍はプロ、朴はアマ」
 2015年7月10日、韓国・聯合ニュースによると、安倍晋三首相は「『朝鮮人の強制労働の事実は認めていない』とした岸田文雄外相の発言について、韓国政府は異議を提起しなかった」と述べた。
 安倍首相は10日の衆議院安全保障法制特別委員会で、ユネスコ世界遺産委員会会議で日本政府代表の声明にあった「forced to work(労働を強要された)」という文言について、「対象者の意思に反して徴用された場合もあるという意味で使用した」とし、「岸田外相が記者会見で述べた内容(「forced to work」は強制労働を認めたわけではないとする発言)に対して、韓国政府は一度も間違っていると言っていない」と述べた。
 これと関連して、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は9日、岸田外相が「強制労働」を否定する発言をしたことについて、「英語版が原本である」とし、「英語版を忠実に理解すれば誤解がなく、議論の余地もない」と述べている。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。
「安倍は口を開くとうそばかりだ。信頼性ゼロ」
「安倍首相は本当にずる賢い。自分が追求する利益のためには、良心を捨てることは何でもないんだ」
「韓国人強制労働の現場は、アウシュビッツのように事実をそのまま公開して、ユネスコ登録するように願う」
「安倍は世界をだまし、朴槿恵(パク・クネ)は韓国国民をだます」
「韓国政府があまりにも無能で、涙が出る」
「日本政府よりも韓国政府に腹が立つ」
「韓国にも安倍のような大統領がいてほしい」
「やっていることを見ると、安倍と習近平(シー・ジンピン)は政治のプロだが、朴槿恵は一つの考えに執着し、柔軟性がないアマチュアだな」
「日本との協議を行う時には英語版と共に、日本語版を一緒に検討する必要があることを思い知らされるね」
「日本の悪口ばかり言うのではなく、実際の状況を調べる必要がある。当時の韓国は貧しくて、お金を稼ぐために働いていた可能性もある」(翻訳・編集/三田)(以上(Record China2015年7月11日(土) 13時16分)より引用)
http://www.recordchina.co.jp/a113718.html

 世界文化遺産登録に関して、岸田外相が記者会見で述べたことに南朝鮮政府は一度も間違っていると言っていないとの安倍総理の発言に、南朝鮮のネットが火病っているようだ。
 何と言っても、嘘を百回吐けば事実になるというお国柄もあるし、朝鮮半島だけの精神病・火病患者もかなりの数いるので、頭に血が上ったらまともな思考もできなくなるのが朝鮮人だ。どうしても、強制労働があったことにして日本を見下げなければ気が済まないのだろう。
 唯一、「日本の悪口ばかり言うのではなく、実際の状況を調べる必要がある。当時の韓国は貧しくて、お金を稼ぐために働いていた可能性もある」という発言がまともな発言のようだ。(No.4511-2)

|

« 国民よりも政治屋の既得権 | トップページ | 本当のことを並べている民主 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61877420

この記事へのトラックバック一覧です: 冷静な意見コリアの極一部:

« 国民よりも政治屋の既得権 | トップページ | 本当のことを並べている民主 »