« 入力ミス年金が懲りてない | トップページ | 何もかも韓国抜きがやりやすい »

合区の恨みは安保法で晴らす

石破氏「国民の理解進んだと言えぬ」…安保法案
 石破地方創生相は14日の記者会見で、安全保障関連法案について「国民の理解が進んでいるかどうかは、各社の世論調査の通りで、まだ進んでいるとは言えない。(調査の)数字を見て、国民の理解が進んできたと言い切る自信は私にはない」と述べた。
 理由については、「(法案の内容が)極めて抽象的でリアルに考えにくい」と指摘、引き続き丁寧な説明が必要だとの認識を示した。
 これに関し、民主党の枝野幹事長は同日、国会内で記者団に対し、「そういう状況で強行採決をすることは、広い意味で閣内不一致だ。(石破氏は)政治家であれば、その認識に基づいて(採決を)止めるべきだ」と強調した。(以上(読売新聞2015年07月14日19時11分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150714-OYT1T50114.html

 鳥取県の権化・石破茂が安保関連法案について、国民の理解が進んでいないと表明したそうだ。
 防衛大臣も歴任した石破茂ならば、この安保関連法案の意味するところを理解しているはずだ。それでも敢えて反対を唱えるのは、参議院選挙区割りで、鳥取県と島根県の合区に反対しているから、拗ねているとしか思えない。とても、私利私欲に拘って、日本の国益を考えているとは思えない。また、安保関連法案の個々の事例の対応策を全てさらけ出すことは、日本の手の内を全部さらけ出すことになるのだ。
 石破茂のような、国益を考えず自分の選挙区の都合で政治ごっこをする政治屋は退場して欲しい。(No.4514)

|

« 入力ミス年金が懲りてない | トップページ | 何もかも韓国抜きがやりやすい »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61889985

この記事へのトラックバック一覧です: 合区の恨みは安保法で晴らす:

« 入力ミス年金が懲りてない | トップページ | 何もかも韓国抜きがやりやすい »