« ボタン掛け違えたのは民主党時代 | トップページ | パチンコの摘発制裁という北 »

サメの脳みそが余計なことを言う

森元首相「慰安婦問題は包み隠して…」
森喜朗元首相(78)は17日、慰安婦問題に関し、「肯定しているわけではないが、そっと包み隠していく方が進む道としてよいのではないか」と述べた。
  森元首相はBS朝日の録画放送で、「戦争の悲劇は世界中どこにでもある」とし、このように話した。(以上(2015年07月18日08時09分[(c)中央日報/中央日報日本語版] )より引用)
http://japanese.joins.com/article/311/203311.html

 失言するしか能のないサメの脳みその森喜朗が、慰安婦問題について余計なことをほざいたようだ。
 昔の選挙でも「無党派層は寝ててくれ」と状況も考えずに悪い頭で思いついたことをほざくのだから、森喜朗はサッサと政界を引退するだけでなく、石川県に引っこむか、早く逝って欲しいものだ。
 これから、また、森喜朗発言を巡って南朝鮮が騒ぎそうだ。(No.4517-2)

|

« ボタン掛け違えたのは民主党時代 | トップページ | パチンコの摘発制裁という北 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

老害」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61907911

この記事へのトラックバック一覧です: サメの脳みそが余計なことを言う:

« ボタン掛け違えたのは民主党時代 | トップページ | パチンコの摘発制裁という北 »