« 九条を守ってたのは核の傘 | トップページ | 信頼に値せぬから信じれぬ »

使い物にならない菅の最後っ屁

再生エネ買い取り、登録制に 経産省が検討
 経済産業省は再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)について、電力会社との接続契約を条件とする登録制を導入する方向で検討に入った。急増する太陽光については抑制策を、普及が遅れる地熱などは事業環境を整備し、再エネ導入の仕組みを抜本的に見直す方針だ。
 経産省は月内に開く新エネルギー小委員会で議論を始め、年内にも見直し案をまとめる。来年の通常国会で「再生可能エネルギー特別措置法」を改正し、早ければ2017年の施行を目指す。
 再エネはこれまで、政府が認めた設備要件を満たしていれば買い取りを認可してきた。買い取り価格が高い時期に発電の権利だけを確保し、実際には発電しない「空押さえ」が相次ぎ、計画と実態の隔たりが広がっていた。(以上(朝日新聞2015年6月8日12時31分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASH6835L3H68ULFA004.html

 経済産業省が、歩く国賊・菅直人が総理辞任と引き換えに法案を通した再エネ法を抜本見直しする方針を打ち出した。
 歩く国賊・菅直人を辞めさせるためには、法案を成立させるしかないとまともな議論もしないで、歩く国賊・菅直人のために成立させた法律だからザル法だろう。売電価格を上回った買い取り価格を一般消費者に転嫁するだけの悪法だ。歩く国賊・菅直人だけは、この再エネ法で、エゴ菅ハウスなる家を建てて、売電で儲けているなどとブログでほざいている私利私欲の塊と言ってもよかろう。
 政府は、再エネ法に限らず、民主三バカ政権時代に成立した法案全てを見直して、然るべき姿にするべきだ。(No.4477-2)

|

« 九条を守ってたのは核の傘 | トップページ | 信頼に値せぬから信じれぬ »

エコ」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

電力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61713583

この記事へのトラックバック一覧です: 使い物にならない菅の最後っ屁:

« 九条を守ってたのは核の傘 | トップページ | 信頼に値せぬから信じれぬ »