« 国内でMERSが流行るのも近い | トップページ | 医薬分業で患者を弄ぶ »

傷害は組織犯罪です民主

「民主党全体が共犯だ」 自民・稲田政調会長が衆院厚労委の議事妨害を批判
 自民党の稲田朋美政調会長は16日、民主党議員が12日の衆院厚生労働委員会で渡辺博道委員長(自民)の入室を計画的に実力行使で阻止するなどしたことを厳しく批判した。稲田氏は、「(法的な)構成要件としては暴行、傷害、さらにそれを計画した者は教唆(に問われる)。民主党全体が共犯というような極めて遺憾な事件だ」と指摘した。
 また、「言論の府である国会で、暴力で自分たちの意見を通すということは議会人としてまったく失格だ。猛省を促したい」とも述べた。党政調審議会の冒頭のあいさつで語った。
 渡辺氏は民主党議員と激しくもみ合った際に首などを負傷し、全治2週間の診断を受けた。(以上(産経ニュース2015.6.16 10:55)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/150616/plt1506160014-n1.html

 民主党議員による衆院厚生労働委員会開催を実力行使で、委員長が負傷した事件で、自民党稲田政調会長が、民主党を批判した。
 何と言っても、岡田克也と長妻昭も暴力沙汰を容認した民主党に、民主党と名乗るだけの矜持があるのかと言いたい。自民党は事を収めるために、佐藤勉国対委員長が犯罪者の民主党に遺憾の意を表明したが、このようなバカなことはあってはならないことだ。国会で、容疑者を処罰できないのであれば、警察による捜査によって、容疑者、教唆した者を刑法犯として処罰し、そして民主党本部を含めた民主党の拠点の家宅捜索を行って、民主党の組織犯罪の全貌を解明するべきだ。
 容疑者が挙がれば、衆院で過半数を占める与党が賛成をすれば、国会会期中でも民主党の犯罪者は逮捕できるのだから。(No.4485-2)

|

« 国内でMERSが流行るのも近い | トップページ | 医薬分業で患者を弄ぶ »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61751017

この記事へのトラックバック一覧です: 傷害は組織犯罪です民主:

« 国内でMERSが流行るのも近い | トップページ | 医薬分業で患者を弄ぶ »