« 欠航でMERS感染予防する | トップページ | 反日にMERSでさえも託ける »

イオンのために韓国を弁護する

民主・岡田氏「安倍首相の言動が日韓関係悪化招いた」 安倍首相は民主の責任指摘し反論
 衆院平和安全法制特別委員会は26日午前、安倍晋三首相が出席し、安全保障関連法案の集中審議を実施した。民主党の岡田克也代表が質問に立ち、日韓関係について首相を追及。岡田氏は野党時代の首相の言動が関係悪化を招いたと質したのに対し、首相は民主政権の責任を挙げ反論した。
 岡田氏は、日韓併合百年の平成22年8月に出された「菅直人首相談話」に関して質問。談話は「植民地支配と侵略」を一方的に認めるもので、首相が会長を務めていた議員連盟は当時、談話を厳しく批判していた。岡田氏はこのことが「日韓関係を非常に悪くした。韓国の首相に対する不信感の原因の1つはここにある」と主張。「反省はあるか」と首相に迫った。
 これに対し、首相は民主党政権時代、当時の李明博大統領が竹島に上陸した事実を指摘し「上陸すれば大きな問題になると事前に先方に伝えることができなかったか、という疑問も出ている」と反発。「大切なことは、両国が努力を積み重ねていくことだ」と述べた。
 岡田氏は「(竹島の)石碑は自民党政権のときにできた」と再反論。安保法案とは関係のない応酬で、議場がヤジに包まれる一幕となった。(以上(産経新聞2015.6.26 11:45)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/150626/plt1506260015-n1.html

 衆院平和安全法制特別委員会で、民主党の岡田克也は、安倍総理が南朝鮮との関係を悪化させたとほざいたそうだ。
 その根拠として、歩く国賊・菅直人が出した「菅直人首相談話」を取り出して、歩く国賊・菅直人が「植民地支配と侵略」を一方的に決めつけたことをその原因だとほざいている。そもそも、南朝鮮は併合したのであって、植民地支配も侵略も日本はしていないのだ。日本の国益よりも南朝鮮の国益を優先する民主党政権が勝手に決めたことであり、今からでも歩く国賊・菅直人談話は取り消すべき内容だ。また、李明博の竹島上陸についても、岡田克也は話を逸らしている。なぜ岡田克也がそのような態度を取るのかを考えると、日本の国益よりも、実家イオングループの利益優先をしているからだ。南朝鮮との断交となれば、イオンの自社ブランド・トップバリューなど吹き飛んでしまうからだろう。もちろん、イオンの自社ブランドには生産地を明記していないが、南朝鮮製がかなりの部分を占めると考えた方が良いだろう。
 民主党は民主三バカ政権の総括もしていないから、何が悪いのか分かっていないのだ。そして、岡田克也は日本のことよりも実家のことを優先する売国奴なのだ。(No.4495-2)

|

« 欠航でMERS感染予防する | トップページ | 反日にMERSでさえも託ける »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61796980

この記事へのトラックバック一覧です: イオンのために韓国を弁護する:

« 欠航でMERS感染予防する | トップページ | 反日にMERSでさえも託ける »