« 後手後手でMERS対応する日本 | トップページ | 県の補助金は総連に上納 »

審議拒否したら歳費の丸儲け

派遣法採決、来週以降に…民主など審議拒否
 衆院は12日午前、厚生労働委員会での労働者派遣法改正案の採決に反対する民主党など野党が、審議を欠席するなど、混乱した展開となった。
 与党は12日午前の衆院厚労委の理事会で、12日中に派遣法改正案の採決をしない考えを野党に伝えた。民主、共産両党に加え、いったんは協力姿勢をみせていた維新の党がこの日の採決に反対したためだ。12日中には同法案の委員会採決は行われず、来週以降に先送りされる見通しだ。
 これに対し、民主、共産両党は12日午前の安倍首相出席による締めくくり質疑の開催自体に反対して、審議を欠席した。野党議員が審議開始前に首相を取り囲んだり、渡辺博道委員長の入室を阻止しようとしたりするなど、もみ合う場面もあった。維新の党は委員会に出席した。民主、共産両党の質問時間は、質問者がいないまま審議を続けることとなった。
 厚労委での民主党などの審議拒否は、衆院の他の委員会にも影響した。安全保障関連法案を審議する平和安全法制特別委員会も12日午前、民主、共産両党の委員が欠席する中、一般質疑が行われた。刑事訴訟法改正案を審議する法務委員会なども民主、共産両党が欠席する中での審議となった。(以上(読売新聞2015年06月12日11時56分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150612-OYT1T50081.html

 今日の衆議院更生労働委員会で、採決に反対する民主党などが審議拒否をして欠席したそうだ。
 国会議員は審議するために存在しているのだから、民主党のバカ議員どもは職務放棄したに等しい行為をやっているという認識が無いのだろう。公職選挙法を改正して、審議拒否した議員は、向こう5年間の公民権停止をした上で、歳費も支給しないようにするべきだ。
 職務を忘れた国会議員に正義などはない。(No.4481-2)

|

« 後手後手でMERS対応する日本 | トップページ | 県の補助金は総連に上納 »

共産党」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

維新の党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61731898

この記事へのトラックバック一覧です: 審議拒否したら歳費の丸儲け:

« 後手後手でMERS対応する日本 | トップページ | 県の補助金は総連に上納 »