« 子どもよりナッツリターンが大事です | トップページ | 控訴断念韓国に正義なし »

アメリカに軽く翁長があしらわれ

辺野古移設の断念要求=米国務・国防当局者と会談-沖縄知事
 【ワシントン時事】訪米中の翁長雄志沖縄県知事は3日、国務省のヤング日本部長、国防総省のアバクロンビー副次官補代行とワシントンの国務省で会談し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設を断念し、県外・国外移設に転換するよう要求した。米側は辺野古移設を受け入れるよう求めた。
 翁長氏は会談で、「日米両政府間で決めたからといって、スムーズに進むわけではない」と強調。これに対しアバクロンビー氏は「辺野古移設が唯一の解決策だ」と述べた。ヤング氏は「(会談の内容は)上司に報告する」と語った。
 翁長氏は5月30日にワシントン入りした。仲井真弘多前知事が2012年の訪米時にキャンベル国務次官補(当時)らと会談したことを踏まえ、翁長氏も局長級の高官との会談を求めたが、実現しなかった。(以上(時事ドットコム2015/06/04-00:35)より引用)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201506/2015060400011&g=pol

 中国訪問で丁重に扱われた翁長雄志が、アメリカでは軽くあしらわれたそうだ。
 それは、沖縄県知事という分際を考えれば当然のことだが、そのようなことも分からない輩を県知事選では、共産党、社民党の連中が住民票を移してまでして選んだのだ。まだ、無視をされなかっただけマシだと考えるべきだ。辺野古移転は日本とアメリカによって決められたことであり、一首長が外交にとやかく口を出す身分ではないということだ。それに、辺野古移転を再決定したのは、生きた国賊・鳩山由紀夫であり、民主党だと言うことを忘れてはならない。生きた国賊・鳩山由紀夫は、未だに個人として、辺野古移転反対などとほざいているが、自分が決めたという認識が欠如しているのだ。
 翁長としては、「日米両政府間で決めたからといって、スムーズに進むわけではない」とほざいて、辺野古移転を邪魔すると言いたかったのだろうが、それがまかり通るはずがない。(No.4473)

|

« 子どもよりナッツリターンが大事です | トップページ | 控訴断念韓国に正義なし »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61692471

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカに軽く翁長があしらわれ:

« 子どもよりナッツリターンが大事です | トップページ | 控訴断念韓国に正義なし »