« 国難に怒鳴っていれば済むトップ | トップページ | 国会じゃ殿様ですという民主 »

日本の技術抗体すぐできる

予防薬、京都府大グループが大量精製 既に韓国に配布 ダチョウの卵から取り出す
 韓国で感染が拡大している中東呼吸器症候群(MERS(マーズ))コロナウイルスに強く結合する抗体を、京都府立大大学院の塚本康浩教授(動物衛生学)のグループが、ダチョウの卵を使って大量精製することに成功した。共同で研究を進めている米国陸軍感染症医学研究所で検証中だが、すでに韓国、米国に配布、スプレー剤として大量生産を開始した。抗体によって覆われたウイルスは人の細胞に侵入できなくなり、感染予防に大きな効果があるという。
 今回、塚本教授らは、カイコの細胞で作製したコロナウイルス(ベータ・コロナウイルス)の表面タンパクの一部を抗原としてダチョウに投与。体内で生成された抗体をダチョウが産んだ卵から取り出し精製した。
 コロナウイルスはこのタンパクによって人の細胞に取り付くが、塚本教授は「この抗体で、人の細胞に侵入しようとするウイルスをマスキング(覆う)することにより、感染を防ぐことが期待できる」と説明する。
 ダチョウは傷の治りが極めて早く、塚本教授はその免疫力に着目。抗体を作る能力も高いことを突き止め、平成20年に卵から大量の抗体を取り出す技術を開発した。
 同年に新型インフルエンザが流行した際に販売した抗体入りマスクが注目を浴び、昨年はエボラウイルスに結合するダチョウ抗体も作製。これに注目した米国のバイオベンチャー会社と同研究所が共同でMERS対策を進め、現在は精製した抗体の効果や副作用などを検証している。
 抗体はMERSの感染が拡大している韓国のほか、米国にも配布。治療薬として認可されていないため人体へ直接投与することはできないが、抗体を使ったスプレー剤はマスクやドアノブ、手などに噴射すれば感染予防になる。すでに大量生産しており、医療従事者や韓国と日本の空港への配布を考えているという。(以上(産経ニュース2015.6.19 07:30)より引用)
http://www.sankei.com/life/news/150619/lif1506190009-n1.html

 京都大学でMERSウイルスに強く結合する抗体の大量生成に成功したそうだ。
 しかし、抗体の効果や副作用などがけんしょうされておらず、治療薬として認可されていないため、人体へ直接投与することはできないが、スプレー剤は、マスクやドアノブ、手などに噴射すれば感染予防ができる。何よりも、既に大量生産されているところが大きなメリットだ。南朝鮮では、何の治験知識の無いままで、完治者の血漿を患者に投与して患者を亡くしている。もしかすると、南朝鮮のことだから、抗体を渡したら、いきなり人体実験をやってしまうかも知れない。
 それよりは、日本の空港に配備して、戦後、外地からの帰還者にDDTを振りまいたように、南朝鮮からの帰国者には、抗体を頭からぶちまけるようにするべきだ。(No.4488-2)

|

« 国難に怒鳴っていれば済むトップ | トップページ | 国会じゃ殿様ですという民主 »

健康」カテゴリの記事

危機管理」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61764423

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の技術抗体すぐできる:

« 国難に怒鳴っていれば済むトップ | トップページ | 国会じゃ殿様ですという民主 »