« 金借りた方が強いというギリシャ | トップページ | 九条を守ってたのは核の傘 »

辻元はピースボートをもう忘れ

民主・辻元氏「民主党政権になったら元に戻す」 集団的自衛権行使容認の憲法解釈変更
 自民党の小野寺五典元防衛相と民主党の辻元清美政調会長代理が6日のテレビ東京番組で、憲法解釈変更による集団的自衛権の行使を含む新たな安全保障関連法案をめぐりバトルを繰り広げた。
 辻元氏は行使を可能とする解釈変更について「(再び民主党政権になったら)元に戻した方がいい。元に戻すことをしなくて済むように廃案にしたい」と強調した。
 小野寺氏は安保法案について「全ての国民の命を守るためだ」と反論。衆院憲法審査会で法案を「違憲」と断じた参考人の憲法学者を念頭に「先生方は優秀かもしれないが、私たちは日本人を守る責任を負っている」と語った。
 辻元氏は、日本人を乗せた外国艦船防護に関しても「リアリティーがない。戦争中に民間人を外国の軍の船が乗せることはない。テロリストが乗ってきたら困る」と批判。その上で「集団的自衛権を認めていなかったから日本はこれまで戦争に巻き込まれなかった」と訴えた。
 これを受け、小野寺氏は「あまりに現実を無視した話だ。日米両国は日本人を含めた輸送業務を決めている。いざというときは米艦を含めて安全を確保する」と主張。さらに「『こういうことは起きない。あり得ない』といわれたら、安全保障の議論をどうしたらいいのか。もし起きたときに対応できるように考えるのが基本だ」と強調した。(以上(産経ニュース2015.6.6 15:54)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/150606/plt1506060018-n1.html

 自衛隊にピースボートを守って貰った辻元清美が、日本人を乗せた外国艦船防護を「リアリティーがない」とほざいたそうだ。
 それならば、なぜ、ピースボートは自衛隊に防護を依頼したのか、全く論理が合わない。まあ、民主党自体、論理矛盾しても何食わぬ顔のできる輩しかいないが!自衛隊の恩を忘れるなど、人間として相手にする方に無理があるのかも知れない。
 逆に、あの時自衛隊はピースボートの依頼を無視して、ソマリア沖の海の藻屑にしておけば良かったのだ。(No.4476-2)

|

« 金借りた方が強いというギリシャ | トップページ | 九条を守ってたのは核の傘 »

危機管理」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61708891

この記事へのトラックバック一覧です: 辻元はピースボートをもう忘れ:

« 金借りた方が強いというギリシャ | トップページ | 九条を守ってたのは核の傘 »