« ロッテの寝言韓国で通用す | トップページ | やることが支離滅裂なのはコリア »

県知事がTPOを弁えぬ

翁長氏、「平和宣言」で辺野古反対…異例の主張
 沖縄は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦で犠牲になった人々を悼む「慰霊の日」を迎えた。
 終戦から70年。最後の激戦地となった沖縄県糸満市摩文仁まぶにの平和祈念公園では、県主催の「沖縄全戦没者追悼式」が開かれ、安倍首相や関係閣僚、遺族ら約5400人が参列した。翁長おなが雄志たけし知事は、「平和宣言」の中で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設反対を改めて主張。平和宣言で政治的な主張を強く盛り込む異例のメッセージとなった。
 式典には、外務、防衛両相や沖縄相のほか、昨年に続いてキャロライン・ケネディ駐日米大使も参列。正午から全員で1分間の黙とうをささげた。
 就任後、初めて慰霊の日を迎えた翁長氏は平和宣言で、辺野古移設について「昨年の(県内の)選挙で反対の民意が示されており、新基地建設は困難だ。(政府は)固定観念に縛られず、移設作業の中止を決断することを求める」と強調。宣言文全体の半分近くを基地問題に割いた。
 これに対し、安倍首相はあいさつで「沖縄の人々には、安全保障上の大きな負担を担っていただいている。今後も引き続き、沖縄の基地負担軽減に全力を尽くす」と表明した。翁長氏が昨年12月に知事に就任した後、首相が沖縄県を訪問したのは初めて。
 同公園内には朝早くから多くの遺族らが訪れ、戦没者の氏名を刻銘した「平和の礎いしじ」の前で手を合わせた。
 県によると、沖縄戦の戦没者は日米合わせて推計20万656人で、このうち県出身者は12万2228人。平和の礎には軍民、国籍を問わず戦没者名が刻まれており、今年新たに87人が追加され、総数は24万1336人となった。(以上(2015年06月23日12時48分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150623-OYT1T50072.html?

 昨日は、沖縄戦がほぼ終結した「慰霊の日」だった。
 本来の意味では、犠牲者を追悼するための式典だが、TPOを弁えない翁長雄志は、「平和宣言」の半分を普天間基地の辺野古移転反対のために費やした。慰霊の日に政治問題を絡ませるなど、レベルの低い政治屋はやることが姑息なのだ。
 翁長雄志は、アメリカに行って、国と国との問題だと釘を刺されたにもかかわらず、まだ、事態を理解していないようだ。(No.4494)

|

« ロッテの寝言韓国で通用す | トップページ | やることが支離滅裂なのはコリア »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61787147

この記事へのトラックバック一覧です: 県知事がTPOを弁えぬ:

« ロッテの寝言韓国で通用す | トップページ | やることが支離滅裂なのはコリア »