« イオンのために韓国を弁護する | トップページ | 偏向とサッサとシッポ切る自民 »

反日にMERSでさえも託ける

【コラム】倭乱の義兵、MERSの医兵
『1592年5月23日、壬辰(じんしん)倭乱(文禄・慶長の役)が起こったとき、国王の宣祖は当初数日にわたって情報が得られない状態だった。日本軍が釜山浦に上陸してから四日が過ぎてようやく、慶尚左水使の最初の報告書が朝廷に到着した。その時になって初めて、朝廷は慌てて防衛体制を組織したが、日本軍はすでに忠清道近くまで押し寄せていた。宣祖が初めて報告を受けてからわずか六日で漢陽は陥落し、宣祖は宮殿を捨てて逃避行に入った。
 2015年5月20日、MERS(マーズ。中東呼吸器症候群)との戦争が始まったとき、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領も似たような立場だった。朴大統領が福祉部(保健福祉部。省に相当)長官から最初の対面報告を受けたのは、第1号の患者が確認されてから六日後のことだった。未熟な初期対応で「ゴールデンタイム」は空費され、戦線は食い止めようもなく広がった。
 柳成竜(ユ・ソンリョン)=1542-1607=の『懲ヒ録』(ヒは比の下に必)は、壬辰倭乱の恥辱を痛切に振り返った反省文だ。MERS問題の渦中で同書をひもとくのは、どこかで目にしたかのような既視感があったからだ。MERS戦争と壬辰倭乱は性格からして異なるが、失敗の本質的構造は驚くほどに似ている。危機を前にしてコントロールタワーはめちゃくちゃ、国論は分裂、システムは故障を起こして稼働しなかった。「倭敵」を「ウイルス」に書き換えるだけで、16世紀の『懲ヒ録』を2015年の韓国に置き換えても差し支えない。
 MERSの韓半島(朝鮮半島)襲来は、予見されていたことだった。中東でのMERS発生を受けて、疾病管理本部は2年前に専門家を集め、MERS対策を樹立した。しかしマニュアルは粗雑で、それすらもきちんと作動しなかった。中東のウイルスがここまで来るのかという「まさかの心理」のせいだった。』朴正薫(パク・チョンフン)デジタルニュース本部長(以上(朝鮮日報/朝鮮日報日本語版2015/06/21 06:06)より部分引用)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/06/20/2015062000584.html

 南朝鮮の朝鮮日報が、MERS対応を秀吉の文禄・慶長の役に例えたコラムを掲載した。
 南朝鮮の危機管理がまともでないことならば、日本を引き合いに出さなくても、北朝鮮による「延坪島砲撃事件」でまともな対応のできなかった南朝鮮軍を引き合いに出せば済む話だ。それを400年以上前の史実にまで託けるのだから、南朝鮮の思考回路は、日本人に理解はできない。
 どうしても、日本に託けなければ気が済まない南朝鮮と共存する道はない。(No.4496)

|

« イオンのために韓国を弁護する | トップページ | 偏向とサッサとシッポ切る自民 »

危機管理」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61800339

この記事へのトラックバック一覧です: 反日にMERSでさえも託ける:

« イオンのために韓国を弁護する | トップページ | 偏向とサッサとシッポ切る自民 »