« 医薬分業で患者を弄ぶ | トップページ | 岡田克也は暴力沙汰をはぐらかす »

どうしても韓国入れたがる朝日

(特派員メモ)「抗日記念」連休は日本旅行 @北京
 北京在住の日本企業幹部から、一通のメールが届いた。「9月3日の休日、中国の日系企業は(中国人)社員とどう接するべきでしょうか」
 中国政府が「抗日戦争勝利記念日」と定めた9月3日を休日にすると発表したためだ。4日の金曜日も休みにして5日までの3連休にし、代わりに日曜日の6日を振り替え出勤日とした。中国では、抗日戦争勝利に関する様々な記念行事が計画されており、国民に関心と参加を促す狙いがあるとされる。幹部は「お互いにぎくしゃくしそうです」と職場の人間関係に与える影響を心配していた。
 だが、中国人の友人にどう過ごすのかを尋ねてみると「3連休は旅行に行く」と言う。政府が休日を発表した翌日、北京紙の京華時報は「短期休暇なので東南アジアや日本、韓国が人気」との旅行会社の話を掲載。日系航空会社の幹部も「9月はいい季節なので、日本に行く中国人観光客が増える」と期待した。
 日中関係を見ていると深刻に受け止めがちだが、中国の庶民は現実的だ。「抗日記念」の連休こそ、日本に来て日本を知ってほしいと思う。(倉重奈苗)(以上(朝日新聞2015年6月17日09時30分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASH5M4RHFH5MUHBI01P.html

 朝日新聞の特派員の報告だが、どうしても南朝鮮の礼賛をしないと気が済まないようだ。
 全体の文章は、抗日記念日の連休に中国の庶民は、日本に旅行したいという趣旨なのだが、京華時報の論評として「短期休暇なので東南アジアや日本、韓国が人気」との旅行会社の話を引用している点だ。今の中国では、日本よりも南朝鮮のMERSの流行によって一日2万人もの旅行客がキャンセルしている状況にもかかわらず、このような能天気な記事が良く書けるなと思うし、さすが、日本よりも南朝鮮の利益を優先した朝日新聞ならではの記事だと思う。嘘でも南朝鮮を良く書かなければ気が済まないのが朝日新聞の体質だろう。
 朝日新聞がどのような記事を書こうとも、ネット世代は自分で情報を仕入れているから良いが、ネットを見ない高齢者を記事で騙しているという認識は無いのだろうか?(No.4486-2)

|

« 医薬分業で患者を弄ぶ | トップページ | 岡田克也は暴力沙汰をはぐらかす »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61755425

この記事へのトラックバック一覧です: どうしても韓国入れたがる朝日:

« 医薬分業で患者を弄ぶ | トップページ | 岡田克也は暴力沙汰をはぐらかす »