« 元売りがスタンドの首締めている | トップページ | 日本には存在意義の無い民主 »

辛ラーメンはウジ虫が隠し味

辛ラーメン、マッコリ、焼酎…対日輸出激減ボロボロ 青ざめる韓国食品業界
 加工食品や酒などの対日輸出をめぐり、韓国の食品業界が大幅な減少に青ざめている。日本で韓流ブームがピークだった2011年ごろに比べ、半減から8割減となる商品もあり、現地の業界は新たな売り込み先探しに躍起だ。日本の「嫌韓感情」を輸出減の理由とする報道も少なくない。
□わずか3年間で半減
 韓国の食品大手、農心の看板ブランド「辛ラーメン」といえば、かつてはユニクロがTシャツのデザインにも採用した韓国を代表するインスタントラーメンだった。日本でも韓流ブーム華やかな2011年ごろには、スーパーやコンビニでも売り場を占めた。だが、最近では量販店でも見かけるのはまばらだ。
 韓国関税庁が4月20日に発表した最近5年間の麺類の輸出入動向によると、日本は12年まで韓国製インスタントラーメンの最大の「輸入国」だった。ピークの11年には、約1万1400トン、金額にして5278万ドル(現行レートで約63億円)が日本に輸出された。
 だが、その後は毎年減少傾向が続き、14年の輸出は2447万ドル(同約29億円)とほぼ半減した。輸出に占める日本のシェアは11.7%にまで減少し、中国(16.6%)、米国(12.5%)を下回っている。
 関税庁は報告書で「ラーメンは伝統的に同胞の需要が多い。米国はこれまで同胞の需要が多かったが、最近は地元の人の需要も増加している。中国、日本などは同胞ではなく、地元の消費が多い」と分析した。
 だが、今年1~3月の対日輸出額も約7億円と、前年に満たない水準だ。わずか3年間で対日輸出は半減した状態となっており、韓国・聯合ニュースは「『嫌韓』感情飛び火…日本へのラーメン輸出、3年間で半分」と報じたほどだ。(以上(産経ニュース2015.5.12 06:00)より引用)
http://www.sankei.com/premium/news/150512/prm1505120001-n1.html

 南朝鮮製食料品等の対日輸出がボロボロになっているそうだ。
 これは、単なる「嫌韓感情」で済む問題ではない。何と言っても、新聞やニュースでは一切報道されないが、辛ラーメンにはウジ虫が入っていたという事実は、ネットを見ている人ならかなりの人が知っているはずだ。日本のマスコミは、「報道をしない自由」を行使して、南朝鮮に不都合な報道はしないのだ。そういう意味では、ネットの情報に頼らなければならないが、ネット上では、辛ラーメンだけでなく南朝鮮製食品が如何に品質管理がずさんかということが明らかになっている。イオンがスーパー業界で一人負けしているように、ネット情報とは怖いものだと思うが、マスコミが正しい報道をしないのだから、仕方のないことだ。
 品質管理のずさんな南朝鮮製品の輸入に当たっては、全数検査をする必要がある。また、民主売国政権時代に、大腸菌入りのキムチを無検査で輸入できるように改悪したが、全数検査に戻して、日本の食の安全を守るべきだ。(No.4450)

|

« 元売りがスタンドの首締めている | トップページ | 日本には存在意義の無い民主 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

危機管理」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61577466

この記事へのトラックバック一覧です: 辛ラーメンはウジ虫が隠し味:

« 元売りがスタンドの首締めている | トップページ | 日本には存在意義の無い民主 »