« 電力を分かっているの有識者 | トップページ | ネパールの支援「いずも」も出せばよし »

駄駄捏ねる餓鬼にも劣るのがコリア

中国、直接的評価避ける…韓国「謝罪なく遺憾」
 【北京=竹腰雅彦、ソウル=宮崎健雄】安倍首相が米上下両院合同会議で行った演説で、中国外務省の洪磊ホンレイ副報道局長は30日の定例記者会見で、過去の歴史への「悔悟」に言及したことについて尋ねられ、「中国は一貫して日本政府と指導者に対し、歴史に責任ある態度を取り、『村山談話』にある侵略の歴史の直視と反省という立場表明と承諾を守るよう促している」と述べた。
 演説の直接的な評価を避けつつ、安倍首相が今夏発表する戦後70年談話で「村山談話」を踏襲するよう改めて求めたものとみられる。
 一方、韓国外交省は同日、演説について「真の謝罪がなかったことを大変遺憾に思う」とする報道官声明を出した。声明は「日本は植民地支配や侵略の歴史、そして慰安婦被害者に対する残酷な人権じゅうりんの事実を直視する中で、正しい歴史認識に基づき、周辺国との和解と協力の道に進むべきだ」と強調した。(以上(読売新聞2015年05月01日07時43分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/world/20150501-OYT1T50019.html

 安倍総理の米上下院合同会議の演説に対して、中国が大人の対応をしたのとは対照的に南朝鮮は餓鬼以下の言い掛かりを付けてきた。
 安倍総理の演説は、アメリカに対するものであり、太平洋戦争の謝罪をするのが当然のことだ。日本の植民地支配の行われた東南アジア諸国が言うのなら分かるが、朝鮮半島は日本の植民地にはなっていないのだ。大韓帝国が泣き付いてきたから併合してやったという歴史認識が、朝鮮にとって都合が悪いから、いつの間にか植民地支配されたと嘘を吐き続けているのだ。また、慰安婦にしても然り、自称慰安婦の域を出ない物に過ぎない。南朝鮮の正しい歴史認識とは、南朝鮮の都合良く捏造された歴史ファンタジーを日本に認めろということだから、日本は決して南朝鮮の歴史ファンタジーを受け入れてはならないのだ。南朝鮮は「周辺国との和解と協力の道」とほざいているのだが、日韓基本条約締結時に解決済みのことを未だに蒸し返しているだけだ。北朝鮮との和解はされていないが、日韓基本条約締結時に朴正煕に対して北朝鮮分の賠償金も支払っているのだ。南朝鮮の求める「協力」とは、日本に集り続けることであり、一方的に、千年間カネをせびると言っているに等しい。
 日本は、首脳会談すら拒否をする南朝鮮など相手にせずに、世界との協力関係を構築するべきだ。もうこれ以上南朝鮮の言いなりは御免被る。(No.4439)

|

« 電力を分かっているの有識者 | トップページ | ネパールの支援「いずも」も出せばよし »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61521114

この記事へのトラックバック一覧です: 駄駄捏ねる餓鬼にも劣るのがコリア:

« 電力を分かっているの有識者 | トップページ | ネパールの支援「いずも」も出せばよし »