« 韓国に存在してた知識人 | トップページ | 韓国の言い分日本に通じない »

君が代を歌わぬ教師など要らぬ

国歌斉唱で不起立、再雇用せず…都に賠償命令
 東京都立高校の入学式や卒業式の国歌斉唱で起立しなかったことを理由に、退職後に再雇用されなかったのは違法だとして、元教員22人が都に計約2億7445万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁(吉田徹裁判長)は25日、都に約5374万円(1人当たり約211万~約259万円)の支払いを命じる判決を言い渡した。
 最高裁は2012年、国歌斉唱で起立しなかった教員に対する懲戒処分について「停職や減給は重すぎて違法」との初判断を示している。地裁はこの判断を踏まえ、「不起立のみを理由に不合格とするのは合理性を欠き、裁量権の逸脱で違法だ」と指摘した。
 判決によると、22人は04~08年、起立斉唱を義務付けた03年の都教委通達に基づいて戒告などの懲戒処分を受けた。06~08年度に再雇用を申請したが、都教委は選考で「不起立は職務命令への重大な違反行為」として不合格にした。
 判決は、再雇用が定年後の生活安定を目的にし、希望者の9割以上が再雇用されていることから、「教員が再雇用を期待するのは合理的な理由がある」と言及。「不起立は不合格にするほどの違反ではない」とした。
 都教委の中井敬三・教育長は「大変遺憾。内容を精査して対応を検討する」とコメントした。(以上(読売新聞2015年05月25日21時46分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150525-OYT1T50108.html

 東京都立高校の教員で、国歌斉唱時に起立しなかった教師が再雇用されなかったのは違法として賠償を求めた訴訟の判決が下った。
 国旗掲揚時に起立して君が代を歌うのは、日本国民として当然のことだ。それができない社民党に洗脳された日教組など日本の教育に不要だ。教員は公務員だから、余程のことがない限り懲戒免職にならなかっただけで、何が悲しくて、日本のためにならない教員を再雇用しなければならないのか裁判所も偏った判決を出したと感じる。
 都教委は、控訴して、このような教員の再雇用など以ての外だということを判決で示して欲しいものだ。(No.4464)

|

« 韓国に存在してた知識人 | トップページ | 韓国の言い分日本に通じない »

公務員」カテゴリの記事

学校」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61646860

この記事へのトラックバック一覧です: 君が代を歌わぬ教師など要らぬ:

« 韓国に存在してた知識人 | トップページ | 韓国の言い分日本に通じない »