« 報道をしない自由とNHK | トップページ | 中国も理由はないが反対す »

アポ取っているのか翁長アメリカに

沖縄の翁長知事、米国へ出発 辺野古反対、直接伝える
 沖縄県の翁長雄志知事は27日夜、米ハワイとワシントンの訪問に向け成田空港を出発した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する意向を米政府高官や上下両院議員に直接伝え、移設計画の再考を促す狙い。しかし会談実現に向けた調整は難航しており、成果を上げられるかどうか不透明だ。
 翁長氏の訪米は昨年12月の知事就任後、初めて。日米両政府は4月の首脳会談で、普天間問題の「唯一の解決策」として辺野古移設の推進で一致している。
 翁長氏は27日午前、那覇空港で開かれた出発式で「県民の意識が大変高まっている。今の理不尽な状況に目覚めた」と強調した。(以上(2015/05/27 21:55【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201505/CN2015052701001992.html

 辺野古移転を内政問題から外交問題にしたい翁長沖縄県知事が、アメリカ訪問に旅立った。
 しかし、果たして翁長がアメリカにアポを取っているのだろうか疑問だ。翁長は、政府に対しても、アポなしで東京に出掛けて、会って貰えなかったことに対して、政府がおかしいとほざいた非常識の前歴がある。記事でも「会談実現に向けた調整は難航」とあるから確たるアポは取れていないのだろう。また、アメリカも政府を飛び越えて沖縄県知事と話をする訳にはいかないだろう。
 果たして、翁長がどのような成果を持ち帰るのか楽しみだ。県知事であるには、もっと社会人としての常識を備えて欲しいと思う。(No.4466)

|

« 報道をしない自由とNHK | トップページ | 中国も理由はないが反対す »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61656590

この記事へのトラックバック一覧です: アポ取っているのか翁長アメリカに:

« 報道をしない自由とNHK | トップページ | 中国も理由はないが反対す »