« 竹島を守れましたか9条で | トップページ | 逆風が吹かねば勝てる日本人 »

戦勝国でないから文言に拘る

「被爆地訪問」、日本が復活要請=「もうたくさん」と中国-NPT会議
 【ニューヨーク時事】佐野利男軍縮大使は15日、国連本部で開会中の核拡散防止条約(NPT)再検討会議の主要委員会(核軍縮)で発言し、会議最終文書の素案から削除された世界の指導者らに被爆地の訪問を促す文言を復活させるよう求めた。
 この文言は、核兵器の被害実態を直視するために被爆地を訪れるよう提案したものだが、中国が「歴史の歪曲(わいきょく)」と批判し、削除を要請した。佐野大使は「将来の世代のための核軍縮教育で最も効果的な方法の一つは、広島と長崎の訪問だ」と指摘した。フィリピンやチリ、リビアなど10カ国程度が佐野大使の要請に支持を表明した。
 一方、中国の傅聡軍縮大使は「日本が他国を侵略した歴史を繰り返し否定してきた事実を考えると、中国は(被爆地訪問)提案の誠実さに深刻な疑念を持つ」と述べ、日本の要請を「もうたくさんだ」と批判した。議場で中国の立場に賛同を表明した国はなかった。
 再検討会議では、起草委員会が週明けに最終文書の作成作業を本格化させ、最終日22日の採択を目指す。(以上(時事ドットコム2015/05/16-09:09)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2015051600012

 核拡散防止条約再検討会議で、会議最終文書から中国の横やりによって「各国首脳の広島と長崎の訪問」の文言が削除された。
 反対した中国は、「日本が他国を侵略した歴史を繰り返し否定してきた事実を考えると、中国は(被爆地訪問)提案の誠実さに深刻な疑念を持つ」から「もうたくさんだ」という認識らしいが、これも、中国(中華人民共和国)が戦勝国でもないのに、戦勝国のような顔をするために必要なのだろう。被爆地の訪問がなぜ歴史の歪曲になるのか分からないが、中国にとって、自分たちが戦勝国ではないという引け目があるのだろう。中国の戦勝国は中華民国であることは自明なことだ。
 また、南朝鮮も日本領であり戦勝国にはなり得ないのだが、日本の歴史認識をとやかく言う中国、南朝鮮は共に自分たちが戦勝国だというファンタジーが欲しいだけだろう。(No.4454)

|

« 竹島を守れましたか9条で | トップページ | 逆風が吹かねば勝てる日本人 »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61596409

この記事へのトラックバック一覧です: 戦勝国でないから文言に拘る:

« 竹島を守れましたか9条で | トップページ | 逆風が吹かねば勝てる日本人 »