« 不都合に合わせ体調悪くなり | トップページ | NHKの意向通らぬ著作権 »

結局は秘書が責任被るだけ

規正法違反、元秘書ら在宅起訴…小渕氏は不起訴
 小渕優子・前経済産業相(41)の関連政治団体を巡る政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は28日、政治団体の事務を統括していた元秘書で前群馬県中之条町長の折田謙一郎(66)、元政策秘書で資金管理団体「未来産業研究会(未来研)」の会計責任者だった加辺かべ守喜(62)両容疑者を同法違反(虚偽記入)で東京地裁に在宅起訴した。
 小渕氏は不起訴(嫌疑不十分)とした。前町長は虚偽記入を認めているという。
 起訴状によると、未来研と、「小渕優子後援会」「自民党群馬県第5選挙区支部」「自民党群馬県ふるさと振興支部」の計4団体では、政治資金収支報告書の虚偽記入額が2009~13年の5年間で計約3億2100万円に上った。
 折田前町長らは、未来研が後援会と選挙区支部に計5600万円を寄付したと虚偽記入し、両団体の収入にも同額を架空計上した。
 また前町長は、東京・明治座での観劇会の会費収入が計約1億4400万円あったのに、主催した後援会の収支報告書に計約1700万円と記載。明治座への支出も計約8600万円のうち、計約3300万円しか記載しなかった。自民党の両支部と合わせると、観劇会の虚偽記入は収入で約1億3000万円、支出で約7900万円あった。(以上(読売新聞2015年04月28日23時51分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150428-OYT1T50106.html

 小渕優子前経産相の政治資金規正法違反事件で、元秘書が在宅起訴され、小渕優子は嫌疑不十分として不起訴処分になったそうだ。
 政治屋の感覚として信じられないのは、自分の財布に自分が責任を取らず、何かあれば秘書が責任を取るということと、どこの誰かも分からない人からでも金を貰うという点だ。政治資金規正法自体、最終責任者が秘書であって、議員当人ではないというザル法であることもそうだが、億単位の金が飛び交う中で、その責任を議員当人が負わないという盲点を何とかするべきだ。と言っても、縛られる側の議員が法律を作るのだから、自分に不都合な法律は作らず、必ず抜け道を作っているのだからどうしようもない。
 少なくとも、どのような政治資金規正法違反行為があろうとも、責任は政治屋本人が取るように法改正をするべきだ。(No.4437)

|

« 不都合に合わせ体調悪くなり | トップページ | NHKの意向通らぬ著作権 »

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61510802

この記事へのトラックバック一覧です: 結局は秘書が責任被るだけ:

« 不都合に合わせ体調悪くなり | トップページ | NHKの意向通らぬ著作権 »