« 首脳会談できればそれで良しとする | トップページ | 泥縄でドローン規制を考える »

中国のポチが尻尾を振れという

アジア投銀「参加するなら早い方が」…二階氏
 自民党の二階総務会長は24日、東京都内で講演し、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)について、「『出来れば日本に入ってほしい』というのが中国の本音だ。(安倍首相が中国の習近平シージンピン国家主席と)会って参加しようと思いを改めるなら、早い方がいい」と述べ、日本も参加を前向きに検討すべきだとの考えを示した。(以上(読売新聞2015年04月24日19時38分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150424-OYT1T50113.html

 中国・南朝鮮の利益のためならば、日本を貶めても良いと考えているとしか思えない売国奴・二階俊博がAIIBへの参加を促したそうだ。
 AIIBについては、政府が決定のプロセスが不透明だとして、不参加を表明しているが、それでは、中国のポチを自認する売国奴・二階俊博としては、面白くないというか、裏取引で何かをやっているから、日本がAIIBに参加しないと自分の立場が悪くなるのだろう。
 売国政治屋が、勧めることには必ず裏があるから、決して政府は二階俊博の言いなりになってはならない。(No.4433)

|

« 首脳会談できればそれで良しとする | トップページ | 泥縄でドローン規制を考える »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61490467

この記事へのトラックバック一覧です: 中国のポチが尻尾を振れという:

« 首脳会談できればそれで良しとする | トップページ | 泥縄でドローン規制を考える »