« 不都合になれば止めるという民主 | トップページ | バレたなら返せば良いと自民党 »

お隣に業を煮やしている政府

韓国の紹介文から「基本的価値を共有」を削除
 外務省は2日付で、ホームページ(HP)に掲載している韓国の紹介文について、「我が国と、自由と民主主義、市場経済等の基本的価値を共有する重要な隣国」との表記を、「我が国にとって最も重要な隣国」に変更した。
 川村泰久外務報道官は4日の記者会見で、「定期的な改訂」と説明したが、背景には、韓国の「報道の自由」などに対する疑念がある。安倍首相が2月に行った施政方針演説でも、韓国について「最も重要な隣国」とだけ表現し、昨年の演説にあった「基本的な価値や利益を共有する」という表現は使わなかった。
 変更に関して、菅官房長官は4日の記者会見で「隣国であるがゆえに様々な難しい問題がある」と述べた上で、「首脳同士が大局的観点から、未来志向の関係を築いていくことが必要だという考え方は全く変わっていない」と強調した。(以上(読売新聞2015年03月05日07時09分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150304-OYT1T50187.html

 外務省が南朝鮮の紹介文から「基本的価値を共有する」という文言を削除したそうだ。
 これは、当然の措置であり、南朝鮮の朴槿恵の糞ババアが、未だに慰安婦・歴史を取り上げて、日本に謝罪を求めている南朝鮮と価値観など共有していないのだから、当然のことだ。次は「最も重要な隣国」の文言の削除をいつするかの問題になってくる。隣国だから、南朝鮮の言いなりになって親交を深めている振りをするのは絶対に良くない。南朝鮮に対しては、慰安婦の賠償は、朴正煕に賠償金を支払っており、被害者に支払わずに他に流用したのは朴正煕だから、南朝鮮が賠償するべきだ、とまでハッキリ言ってやらなければ分からないのだ。
 南朝鮮とは、大局的観点もくそもない。国交断絶で十分だ。(No.4392)

|

« 不都合になれば止めるという民主 | トップページ | バレたなら返せば良いと自民党 »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61232666

この記事へのトラックバック一覧です: お隣に業を煮やしている政府:

« 不都合になれば止めるという民主 | トップページ | バレたなら返せば良いと自民党 »