« 古館は国益よりもテロリスト | トップページ | 民主党の力を借りる文科相 »

どうしても検証したい民主党

人質対応、小野寺元防衛相と民主・福山氏が論戦
 自民党の小野寺五典元防衛相と民主党の福山哲郎元官房副長官は5日夜、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、イスラム過激派組織「イスラム国」による日本人人質事件の政府対応について議論した。
 福山氏は安倍首相がカイロで行った中東支援の演説に関し、「(イスラム国を)名指しするなど、従来の外交政策と方向が違う」と述べ、検証の必要性を強調。これに対し、小野寺氏は「脅しに屈したと(イスラム国に)取られれば間違ったメッセージが伝わる。首相の言い方に問題はなかった」と反論した。(以上(読売新聞2015年02月06日00時11分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150205-OYT1T50158.html

 国会外のメディアに出てまで、民主党の福山哲郎は、今回の人質事件の検証をして、諸外国に日本の対応の隅々まで漏らしたいらしい。
 それで、日本の国益になるのだろうか。民主党が検証したら人質が帰ってくるのだろうか?それよりも、日本政府の対応を漏らすことは、第二第三の事件の際にISILに利用されるだけだろう。それも分かっていないのは、福島哲郎こと陳哲郎が、朝鮮からの帰化人であるから、日本の国益よりも他国の国益を優先すると考えていると取られても仕方のないことだ。検証がしたいのならば、民主党は、まず、歩く国賊・菅直人のやった原発菅災について検証するのが先だろう。議事録という証拠さえ残さずに、未だに歩く国賊・菅直人は言った言わないを繰り返しているだけだ。
 日本の国益を第一に考えない民主党などは、日本国に不要だ。また、帰化人の被選挙権も少なくとも帰化して3世代は認めないようにするべきだ。(No.4365)

|

« 古館は国益よりもテロリスト | トップページ | 民主党の力を借りる文科相 »

危機管理」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61092654

この記事へのトラックバック一覧です: どうしても検証したい民主党:

« 古館は国益よりもテロリスト | トップページ | 民主党の力を借りる文科相 »