« 韓国のポチが自民にいる怖さ | トップページ | 竹島を領土と示す政務官 »

頭下げぬからスワップは延ばさない

日韓スワップ「前支局長問題もあり延長断った」
 財務省は16日、日本と韓国が金融危機などで外貨が不足した際に融通し合う「通貨交換(スワップ)協定」を、2月23日の期限切れとともに終了すると正式発表した。
 一方で、両国の経済・金融情勢について意見交換する「財務対話」を約2年半ぶりに再開し、5月23日に東京で開催することも表明した。
 日韓スワップ協定は2001年に結ばれた。通貨をやり取りする融通枠は11年には700億ドルまで拡大したが、韓国大統領による竹島上陸などを背景に12年は130億ドルに縮小された。現在の融通枠は、日本から韓国に対しては100億ドル、韓国から日本には50億ドルとなっている。
 協定を終える理由について、財務省は「両国の金融情勢・経済情勢から判断した」と説明し、韓国企画財政省幹部は「経済指標が良好であり、延長しなくても特別な悪影響はない」とした。
 日韓スワップ協定を終了することについて、日本政府関係者は16日、「(出国禁止になっている)産経新聞前ソウル支局長の問題など日韓関係がこじれていることもあり、日本政府として延長を断った」との見方を示した。(以上(読売新聞2015年02月16日21時53分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150216-OYT1T50105.html

 財務省が、正式に南朝鮮とのスワップ協定の延期をしないことを発表した。
 そもそも、「融通枠は、日本から韓国に対しては100億ドル、韓国から日本には50億ドル」と南朝鮮に有利なスワップ枠であり、当然、南朝鮮が頭を下げて延期して下さいと懇願するのが筋だ。リーマンショックを含めて日本のスワップ枠で、どれだけ南朝鮮経済が助けられたかという恩を忘れた南朝鮮には丁度良い措置だ。南朝鮮としては、朴槿恵の糞ババアが「反日」を掲げているのに、頭を下げるとはどういうことかという南朝鮮の世論を抑えられないと判断したのだろう。産経新聞記者の問題も当然だが、全てにおいて南朝鮮のワガママを日本が全て聞き入れるのが当然だという、南朝鮮の態度が問題だ。
 困ったら宗主国・中国のスワップ枠を借りれば良いのだから、日本にはどうでも良いことだ。もしそうなれば、南朝鮮の中国の属国化が進むだけだろう。(No.4376)

|

« 韓国のポチが自民にいる怖さ | トップページ | 竹島を領土と示す政務官 »

危機管理」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61151599

この記事へのトラックバック一覧です: 頭下げぬからスワップは延ばさない:

« 韓国のポチが自民にいる怖さ | トップページ | 竹島を領土と示す政務官 »