« 呼称なら国に合わせば済む話 | トップページ | 池上氏暗に朝日を支持してる »

何があっても朝日など助けるな

朝日の複数記者、外務省が退避要請のシリア入国
 イスラム過激派組織「イスラム国」とみられるグループによる日本人人質事件で、外務省が退避するよう求めているシリア国内に、朝日新聞の複数の記者が入っていたことが31日分かった。
 同省は21日、日本新聞協会などに対し、シリアへの渡航を見合わせるよう強く求めていたが、朝日のイスタンブール支局長はツイッターで、26日に同国北部のアレッポに入り、現地で取材した様子を発信していた。
 朝日新聞社広報部は「イスタンブール支局長はシリア政府のビザを取得したうえで、取材のために入っている。記者は当初の予定・計画に従って行動・取材をしている」と回答。同省から記者を出国させるよう要請があったかについては「回答を差し控える」としている。(以上(読売新聞2015年01月31日13時33分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150131-OYT1T50069.html

 朝日新聞が、外務省の退避要請を無視して、シリア内に複数の記者を入れていることが分かった。
 これは、朝日新聞の会社ぐるみの自己責任であり、何かあっても決して朝日新聞は政府に人質解放の労を執らせることなく、全て朝日新聞内で決着を付けるべきだ。どうせ、これまでの誤報記事の穴埋めにスクープを狙っているのだろうが、どのようなスクープ記事を朝日新聞が掲載しようとも慰安婦の誤報記事の責任逃れにはならない。朝日新聞は、文化革命時から中国に支社をおいており、それができたと言うことは中国の都合の良い報道をしていたからだ。今回は、ISILの都合の良い報道をやる気だろうとしか考えられない。
 朝日新聞に対して、外務省の出国要請があったかどうか回答をしなかったが、出国要請を無視してシリア内にとどまる朝日新聞記者は日本人として扱ってはならない。これこそ自己責任だ。(No.4360)

|

« 呼称なら国に合わせば済む話 | トップページ | 池上氏暗に朝日を支持してる »

危機管理」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61067137

この記事へのトラックバック一覧です: 何があっても朝日など助けるな:

« 呼称なら国に合わせば済む話 | トップページ | 池上氏暗に朝日を支持してる »