« 朴槿恵の言いなりになる売国奴 | トップページ | 韓国のポチが自民にいる怖さ »

頭下げたくないからスワップは延期せず

関係悪化影響?日韓通貨スワップ協定、延長せず
 日本と韓国が、金融危機などで外貨が不足したときに通貨を融通し合う「通貨交換(スワップ)協定」を延長しない見通しとなった。
 今月23日の期限切れとともに、2001年から続いてきた協定は終了する。日韓関係の悪化が背景にあるとみられる。日本政府関係者が14日、明らかにした。
 スワップ協定は、緊急時に通貨を供給し合うことで経済の悪化を防ぐ取り決めで、日韓は現在、100億ドルの融通枠を確保している。
 融通枠は、リーマン・ショックなど経済が悪化したときに拡大され、11年には700億ドルまで増えた。
 しかし、12年の韓国大統領による竹島上陸などで日韓関係が悪化し、130億ドルに縮小された。13年7月には韓国経済の回復を理由に30億ドル分の協定を延長せず、100億ドルの枠が残っていた。(以上(読売新聞2015年02月14日16時01分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150214-OYT1T50097.html

 どうやらやっと南朝鮮へのスワップ協定を延期しないことになりそうだ。
 経済危機の度に、スワップ枠を広げて、南朝鮮の経済危機を救ってやったのに感謝すらしないのだから当然だ。南朝鮮では逆にスワップ枠を広げることを考えていたようだが、日本政府が南朝鮮から依頼があれば考えるという態度が功を奏したようだ。二国間のスワップ協定と言っても、実質日本が南朝鮮を助け続けてきたのだから、頭を下げるのは当然のことだが、頭は悪くてもプライドだけは高い南朝鮮にはできなかったのだろう。南朝鮮内では、中国に助けて貰えば良いなどという意見があるようなので、そうすれば良いことだ。
 日本にとってメリットの無いスワップ協定がなくなることには大賛成だ。(No.4374)

|

« 朴槿恵の言いなりになる売国奴 | トップページ | 韓国のポチが自民にいる怖さ »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61138725

この記事へのトラックバック一覧です: 頭下げたくないからスワップは延期せず:

« 朴槿恵の言いなりになる売国奴 | トップページ | 韓国のポチが自民にいる怖さ »