« 攻めるのは得意でも仕事はできない | トップページ | 異物一つで経営が逼迫す »

芋不足よりも異物が恐ろしい

マクドナルド、ポテト不足で12月売上高2割減
 日本マクドナルドホールディングス(HD)が9日発表した2014年12月売上高(既存店)は前年同月比21・2%減と大幅な落ち込みとなった。
 チキンナゲットの仕入れ先企業における保存期限切れ鶏肉の使用問題が発覚した直後の14年8月(25・1%減)以来の大幅なマイナスとなった。
 売上高の前年割れは14年2月以来11か月連続。10%を超える落ち込みは6か月連続だ。12月の客数は14・2%減だった。
 12月は、米国からフライドポテトを予定通りに輸入できず、量の少ない「Sサイズ」に限定したことが響いた。
 マクドナルドを巡っては今月5日に青森県の店舗で「ビニール片がナゲットに混入していた」との苦情が発覚したのをきっかけに、他店でも同様の異物混入の苦情が表面化し、売り上げへの影響が懸念されている。(以上(2015年01月10日07時24分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150109-OYT1T50136.html

 フライドポテトの不足で、マクドナルドの売上げが前年同月比20%以上の売上げ減を記録したそうだ。
 しかし、マクドナルドは、現在騒がれている異物騒動を内密にして発生件数も公開しない状態なので、来月の売上げはさらに落ちるだろう。というよりも、マック離れが加速すると言えば良いのではないだろうか。そうすれば、フライドポテトの輸入量が減っても客がそれ以上に減るから、フライドポテトの在庫も増えることだろう。各地で異物混入の苦情をマックが内密にして、被害者に対する報告書もずさんで、頭を下げる気も無いという態度が、こうして各地で問題が吹き出したのだろう。
 社長も記者会見に出てこないし、まともな説明もできない役員が記者会見をしても、無駄だというか、国民を騙せると考えているマクドナルドには、不買という制裁しか無いのかも知れない。(No.4338)

|

« 攻めるのは得意でも仕事はできない | トップページ | 異物一つで経営が逼迫す »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

危機管理」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/60950281

この記事へのトラックバック一覧です: 芋不足よりも異物が恐ろしい:

« 攻めるのは得意でも仕事はできない | トップページ | 異物一つで経営が逼迫す »