« やるならばGPSで地震予知 | トップページ | 改める気持ちも見えぬ民主党 »

反原発で韓国に触れられぬ

韓国原発、「欠陥・事故」続出の恐ろしき実態…偽造部品納入は当たり前、放射能漏れ数値は18倍増に修正
 『■怖い原発の実態
 現地の報道によると、昨年10月17日午前2時9分、韓国全羅道霊光郡にある「ハンビッ原子力発電所」=旧霊光(ヨングァン)原発=3号機が、蒸気発生器の異常で稼働停止し、放射能漏れ事故を起こした。
 ハンビッ原発は1986年8月に竣工し、2002年までに6基の原子炉を建設したが、近年は周辺住民の不安をかき立てる事故を次々と起こしている。11年2月には5号機のモーター内にドライバーを置き忘れたことが原因でモーターが故障し自動停止。12年4月には6号機で燃料棒が損傷し、夏から秋にかけては2号機と5号機で蒸気発生器への給水ポンプが故障した。
 さらに同年11月には5、6号機で品質保証書を偽造した部品が取り付けられていることが判明。これをきっかけに韓国内で原発調査が行われたが、その結果、新古里(シンゴリ)1~4号機、新月城(ウォルソン)1、2号機で、安全系統の制御ケーブル部品の品質保証書の偽造が発覚。しかもこの2原発の場合、偽造に手を染めたのは納入会社ではなく、なんと試験機関だったことが明らかになった。
 中央日報電子版などによると、韓国内では原子炉の冷却材喪失事故を想定した高温、高圧下の試験を行う施設がなく、カナダの試験機関に依頼している。その試験が規定の圧力条件を満たしていなかったのだが、「基準を満たしたように書き換えられていた」(同電子版)という。
 また新古里1、2号機と新月城1、2号機では、基準に関することだけでなく、試験結果も偽造されていた。もはや試験の意味などない。
■動かぬ原発…トラブルだけはノンストップ
 一方、渦中のハンビッ原発はその後もトラブルが止まらず、12年11月には点検中の3号機で制御棒誘導管84本のうち6本で亀裂が見つかり、再稼働が延期に。今年3月には2号機で「原因不明」の停止事故が発生。10月3日には1、2号機で外部からの電源供給が停止し、相前後して1~4号機の火災感知器約200個も不良品だったことが判明した。
 10月17日の3号機の放射能漏れ事故は、起こるべくして起きたというほかない。しかもこの事故では、修理の際に故障箇所を間違えるという重大な人為的ミスも起こした。朝鮮日報(電子版)などによると、2台ある蒸気発生器のうち、亀裂が発生したのとは別の蒸気発生器を故障と判断し、経路を遮断したという。
 さらに放射能漏れの総量について、原発側は当初1・1ギガベクレル(11億ベクレル)としていたが、10日後に「実は18・8ギガベクレル」(188億ベクレル)だったと18倍の量に修正。もはや何を信じていいのか分からない状態だ。』(以上(産経ニュース2015.1.2 07:00)より部分引用)
http://www.sankei.com/west/news/141107/wst1411070063-n1.html

 日本では、左巻きが反原発を唱えているが、日本の原発よりも遙かに危険な南朝鮮の原発については、何一つとして異論を唱えない。
 しかし、この記事でも分かるように、日本の原発よりも危険なのは南朝鮮の原発であり、それに対する反原発の運動も起こらないのだから、日本の反原発もガラパゴス化しているのだろうか?南朝鮮で原発事故が起これば、放射性物質は偏西風に乗って日本に降り注ぐという基本的なことも左巻きの反原発団体は、見て見ぬ振りをしているのだ。
 特に、歩く国賊・菅直人などは南朝鮮に呼ばれて、いい気な面をしているだけで、南朝鮮の危険な原発稼働については、一切触れていない。要するに、日本の反原発は、日本を貶めて、南朝鮮に利するだけの運動のように感じる。(No.4330)

|

« やるならばGPSで地震予知 | トップページ | 改める気持ちも見えぬ民主党 »

危機管理」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/60908627

この記事へのトラックバック一覧です: 反原発で韓国に触れられぬ:

« やるならばGPSで地震予知 | トップページ | 改める気持ちも見えぬ民主党 »