« 準備は周到なつまようじ男 | トップページ | 日韓でこれほど違う新聞紙 »

長期金利下がると黙るのは野党

長期金利、一時0.2%割れ
 20日の東京債券市場では、長期金利の指標となる新発10年物国債の流通利回りが一時、前日に比べ0.005%低い0.195%に低下(債券価格は上昇)し、6営業日連続で過去最低を更新した。長期金利が0.2%を下回るのは初めて。(以上(時事ドットコム2015/01/20-19:22)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2015012000824

 バカな野党は、アベノミクスの日銀の金融緩和は、長期金利を押し上げ国債が暴落するとほざき続けてきた。
 しかし、実際の長期金利は、過去最低を更新している状態で、野党も長期金利に対して、だんまりを決め込んでいる。野党ならば、無責任な放言を続けることが許されるのか疑問に思う。与党だろうが野党だろうが、日本を良くするために国会議員として存在しているというのが表向きのことだ。アベノミクスが駄目とほざき続けてきた野党には、自分たちの解析が間違っていたときっちり表明して貰う必要がある。
 だが、特に民主党は、不都合なことがあると黙り込んで何を言わなくなるだけで、責任感の欠片も感じない。岡田克也は、長期金利の低迷に対してちゃんと民主党のスタンスを表明するべきだ。(No.4349)

|

« 準備は周到なつまようじ男 | トップページ | 日韓でこれほど違う新聞紙 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

金融」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61007934

この記事へのトラックバック一覧です: 長期金利下がると黙るのは野党:

« 準備は周到なつまようじ男 | トップページ | 日韓でこれほど違う新聞紙 »