« 朴槿恵の首に戻ったブーメラン | トップページ | スタジアムだけが市政じゃありません »

橋下のぬか喜びはいつまでか

橋下氏「うれしくてしようがない」 首相の大阪都構想理解発言に
 維新の党最高顧問の橋下徹大阪市長は15日の記者会見で、安倍晋三首相が「大阪都構想」について「意義がある」と一定の理解を示したことに対し、「大変ありがたい。うれしくてしようがない」と述べた。首相が維新に協力を期待した憲法改正についても「憲法改正は絶対に必要だ。安倍首相にしかできない。できることは何でもしたい」と語り、全面的に協力する考えを示した。(以上(産経ニュース2015.1.15 18:13更新)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/150115/plt1501150029-n1.html

 橋下徹が、総理の大阪都構想理解発言に喜んだそうだ。
 しかし、大阪都と呼べるようになるには、まず、大阪市民の住民投票で過半数を取らなければ、新しい区の区割りもできない。大阪市の住民投票で大阪市を無くして区制にしても、大阪府という呼称を換えることはできない。「大阪都」と名乗るには、国会で特措法が成立した上で、大阪府民の住民投票で過半数を取らなければ、「大阪都」とは名乗れないのだ。
 果たして、これまで敵を作って叩きのめすことで人気を維持しようとしてきた橋下徹の言い分が何処まで通用するだろうか?(No.4344)

|

« 朴槿恵の首に戻ったブーメラン | トップページ | スタジアムだけが市政じゃありません »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

維新の党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/60982168

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下のぬか喜びはいつまでか:

« 朴槿恵の首に戻ったブーメラン | トップページ | スタジアムだけが市政じゃありません »