« 改める気持ちも見えぬ民主党 | トップページ | 貧富の格差作ったのはデフレ »

断交で十分韓国は無視とする

朴槿恵政権「原則外交脱皮」できるか否かがカギ 安倍首相「終戦70周年談話」に警戒する韓国
 日本と韓国が昭和40(1965)年、日韓基本条約を結び、国交正常化してから50年。2015年は節目の年だ。慰安婦や歴史認識問題で、安倍晋三政権と朴槿恵(パク・クネ)政権のぎくしゃくした関係が続いており、記念行事に向けた準備は進んでいない。
 韓国紙、中央日報は「安倍首相は国交正常化50年より、敗戦70年の方に力を注ぐだろう」と指摘する専門家の見方を伝えている。
 つまり安倍首相は、今年8月15日の終戦70周年に合わせて発表予定の「談話」を通じ、村山談話の枠組みを打破しようとしていると韓国側は警戒している。
 こうした中で、どのような50周年と70周年を迎えることになるのかは、今年1月の開催で調整中の日中韓外相会談の結果次第だともいえる。日中韓首脳会談の早期実現につなげることができるか否か。それはホスト役の韓国の調整能力にかかっている。
 昨年12月の衆院選の圧勝を受けて長期政権が確実となった安倍首相側が譲歩する可能性は低い-との見方が韓国でも少なくない。
 朴政権がこれまで同様、「(関係改善のためには)日本側がまず慰安婦問題解決に向けて措置を取らなければならない」などとする原則重視の外交を続けるのであれば、対日関係の好転は難しい。
 朴政権が原則外交から脱皮できるかどうかが、来年の韓国を見る上での重要なポイントとなる。
 日韓関係においては、朴大統領への名誉毀損(きそん)で在宅起訴された産経新聞の加藤達也前ソウル支局長に対する判決も、早ければ今年夏を迎える前に下される。
 加藤前支局長への在宅起訴をめぐり「言論の自由への侵害だ」と日米欧のメディアなどが非難する中で、どのような判決が下されるのか国際社会の関心も高い。判決いかんによっては、日韓関係がさらにもつれるだけでなく、韓国に対する国際社会の評価にも影響を与えかねない。(ソウル 藤本欣也)(以上(産経ニュース2015.1.4 06:00更新)より引用)
http://www.sankei.com/premium/news/150104/prm1501040026-n1.html

 朴槿恵の糞ババアが、安倍総理の戦後70年の談話に恐々としているらしい。
 嘘で固めて歴史観で、日本を弄び続けるとともに「反日」で政権の延命を図ってきたのだから仕方のないことだ。朴槿恵の糞ババアが嘘の歴史観を日本に押しつけることを止めない限り、国交断絶で十分だ。日本が強気に出れば、アメリカは南朝鮮を宥める立場に態度を変えるだろう。朴槿恵の糞ババアが捏造慰安婦に拘っている限り、相手にする必要など皆無だ。そもそも、人道的とか南朝鮮はほざいているが、これは本来南朝鮮内の問題であり、日本では日韓基本条約締結時に補償金まで支払っているのだ。それを朴正煕が被害者に支払わずに漢江の奇跡に流用したから、このような事態を招いているのだから、朴槿恵の糞ババアが、補償金を払えば解決することだ。人道的へったくれもなく、南朝鮮がカネを払えば解決つく話だ。また、無法治国家として、産経新聞記者の身柄を拘束(出国禁止)にして、無茶苦茶な裁判をしていることも、もっともっと世界に発信して、南朝鮮が世界で孤立するような戦略を立てるべきだ。
 丁度今年は、南朝鮮と国交回復50年に当たる年だ。その年に、国交断絶するのも乙なものだと思う。一切、南朝鮮の言い分を聞いて、日本が譲歩することなどやっては、南朝鮮の癖が抜けなくなるのだ。(No.4332)

|

« 改める気持ちも見えぬ民主党 | トップページ | 貧富の格差作ったのはデフレ »

国防」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/60919648

この記事へのトラックバック一覧です: 断交で十分韓国は無視とする:

« 改める気持ちも見えぬ民主党 | トップページ | 貧富の格差作ったのはデフレ »