« まだねだるまだ集りたいのはコリア | トップページ | 朴槿恵の首に戻ったブーメラン »

定義もせずにヘイトスピーチ許さぬと

「ヘイトスピーチ、許さない」 法務省が啓発活動強化
 法務省は今月から、特定の国籍や民族などの外国人を排斥するヘイトスピーチ(憎悪表現)防止の啓発活動を強化することが13日、分かった。ヘイトスピーチへの社会的な関心の高まりを受けた措置で、すでにポスターなどの発注を済ませており、完成し次第、関係機関や広告などを通じて周知する方針だ。
 法務省によると、同省人権擁護局は今月から、「ヘイトスピーチ、許さない」をキャッチコピーとするポスター掲示やリーフレット配布のほか、インターネット広告などを実施。各種研修会でも積極的に取り上げていくという。これまでは外国人の人権尊重を啓発する活動の一部との位置づけだった。「ヘイトスピーチ」という言葉を前面に出すのは、一部マスコミへの広告を除き初めて。
 ヘイトスピーチをめぐっては、過激なデモが実施されるなど社会問題化。国会でも議論が活発化しており、自民党は昨年8月にプロジェクトチームを設置して規制のあり方を慎重に検討している。野党の超党派議員連盟は昨年11月、「人種などの属性を理由に公然と不当な差別的言動をしてはならない」と明記する法案の試案を作成。罰則は設けないが、同議連は「ヘイトスピーチを違法行為と位置づけることに意味がある」としている。
 昨年8月には、国連人種差別撤廃委員会が日本政府に対しヘイトスピーチへの対処を求める勧告を出した。同省は「表現の自由に関わる問題でもある」などとして立法規制には慎重な姿勢をみせる一方、「人権擁護の面から啓発活動にさらに力を入れて取り組む」との意向を示していた。
 ■ヘイトスピーチ
 特定の国籍や人種、民族などに差別意識や偏見を持ち、排斥しようとしたり、憎しみをあおるような言動。「憎悪表現」とも翻訳される。海外では法律で規制している国もあるが、日本では表現の自由を重視し、直接的な法規制はない。(以上(産経ニュース2015.1.14 05:37)より引用)
http://www.sankei.com/affairs/news/150114/afr1501140002-n1.html

 法務省が、ヘイトスピーチ防止の啓発活動を強化することを表明した。
 しかし、日本では、「ヘイトスピーチ」の定義すら明らかになっていない状態で、どのような言葉がヘイトスピーチになるの啓発するつもりだろうか。朝鮮人に対するヘイトスピーチを指すものだと認識するが、特定の民族というところの定義に大きな問題を抱えている。それは、在日外国人で唯一通名が許されているのが朝鮮人であり、通名をころころ換えて犯罪を犯しているのは唯一朝鮮人であるから、「朝鮮人がおかしい」と発言することがヘイトスピーチになるのだろうか?特定の民族を指さないというのならば、「通名がおかしい」と言えば良いのか全く分からない状況だ。人権擁護というが、郷に入れば郷に従わない民族に対して、日本の制度に従えということがヘイトスピーチになるのだろうか?
 全く以て、法務省の考え方が分からない啓発活動だと思う。(No.4342)

|

« まだねだるまだ集りたいのはコリア | トップページ | 朴槿恵の首に戻ったブーメラン »

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/60971921

この記事へのトラックバック一覧です: 定義もせずにヘイトスピーチ許さぬと:

« まだねだるまだ集りたいのはコリア | トップページ | 朴槿恵の首に戻ったブーメラン »