« 今日もまた嘘を並べている朝日 | トップページ | 辺野古沖朝日が再度蒸し返す »

朝鮮に都合の悪いのはヘイト

ヘイトスピーチ賠償確定 朝鮮学校「日本の良心に感謝」
 「画期的な一歩です」。京都朝鮮第一初級学校(現・京都朝鮮初級学校)の関係者はほっとした表情を浮かべた。「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の会員らによるヘイトスピーチ(差別的憎悪表現)をめぐる訴訟で、在特会側の上告を退けた最高裁決定。絶えないヘイトスピーチの歯止めになり得る司法の判断に、関係者は期待を寄せている。
 決定を受け、京都朝鮮初級学校を運営する京都朝鮮学園の柴松枝(シソンジ)理事(72)らは10日夕、京都市内で急きょ記者会見を開いた。柴理事は「全国の朝鮮学校を守る重要な足がかりになることが期待されます」と述べて、こう続けた。「子供たちの明るい笑顔を取り戻すために努めてきました。民族的誇りを育み、社会の一員として成長していく環境を守っていきたい」
 確定した7月の大阪高裁判決によると、在特会員らは2009年12月~10年3月、同校周辺で3回演説。「犯罪者に教育された子ども」「朝鮮半島へ帰れ」などと訴えた。高裁判決は「児童が人種差別という不条理な行為で多大な精神的被害を受けた」と認めた。
 会見には、演説時に長女が幼稚園の年長だった保護者の金秀煥(キムスファン)さん(38)も参加。「ヘイトスピーチはいけない、という社会風土がつくられてほしい」と語った。長女が小学生だった朴貞任(パクチョンイム)さん(46)は「日本の良心が私たちの民族を守ってくれた。感謝です」と喜んだ。(以上(朝日新聞2014年12月11日05時37分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASGDB527TGDBPTIL014.html

 京都朝鮮初級学校が公園を占拠して運動場として使っていたことに対する最高裁判決が出た。
 それによれば、大阪高裁の「犯罪者に教育された子ども」「朝鮮半島へ帰れ」という演説が、人種差別と認定されたのだが、裁判官は物事の本質を見極めたのだろうか?犯罪者とは、朝日新聞でも記事として出していたが、戦後までに日本に強制労働で連れてこられた人で、生きているのは246名という数字が出ている。それとその子孫以外の朝鮮人は密入国で日本にやってきたのだから、「犯罪者」と言われても仕方のないことをやってきているのだ。また、朝鮮学校は、北朝鮮に戻って生活ができるように、北朝鮮の風習や言語を教えるという立場でありながら、誰一人として卒業生が北朝鮮に帰っていない。「朝鮮半島に帰れ」というのは、朝鮮学校の設立の趣旨から言ってもおかしくない。そのために、金王朝の歴代代表の写真も教室に飾っているのだろう。
 それよりは、おかしいことをやっている朝鮮人におかしいということが、ヘイトスピーチとされることが怖ろしいのだ。朝鮮人でありながら、参政権を要求したりとおかしいことを求めているのが朝鮮人というだけで、民族差別などではない。おかしいのが朝鮮人だから、朝鮮人はおかしいというのがヘイトならば、日本はおかしな方向に向くようになるのが心配だ。(No.4308)

|

« 今日もまた嘘を並べている朝日 | トップページ | 辺野古沖朝日が再度蒸し返す »

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/60792863

この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮に都合の悪いのはヘイト:

« 今日もまた嘘を並べている朝日 | トップページ | 辺野古沖朝日が再度蒸し返す »