« ねじ曲げはお詫びで済まぬのが朝日 | トップページ | 政治屋は認識ないと罪問えぬ »

期限付き辞任はいつもやってます

橋下氏「期限付きの辞任です」…影響力は保持
 維新の党の橋下共同代表(大阪市長)と松井幹事長(大阪府知事)の異例の「期限付き辞任」が23日、決まった。
 先の衆院選で議席を伸ばせなかったことに対する「みそぎ」の意味合いもあるようだ。 「期限付きの辞任です」
 橋下氏は23日の党執行役員会で、代表辞任を慰留する幹部らにこう説明し、了承を取り付けた。来年4月の大阪府議選と大阪市議選で、ともに過半数を獲得し、頓挫しかけている大阪都構想を実現させる意向だ。
 先の衆院選で同党は公示前の42議席に及ばず、橋下氏の発信力の陰りもささやかれていた。まずは選挙の責任を取って有権者にアピールし、大阪都構想実現に道筋を付け、中央政界に影響力を行使したい意向とみられている。(以上(読売新聞2014年12月24日08時58分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/20141223-OYT1T50090.html

 維新の党の橋下徹と提灯持ち・松井一郎が期限付き辞任をしたそうだ。
 理由としては、総選挙の「みそぎ」と来年の地方選挙に集中するためらしいが、選挙の度に大阪市長の公務をやらずに選挙に現を抜かしている橋下徹からすれば、いつものように、選挙になると大阪市長の職を期限付きで辞任しているのと同じことだろう。大阪市の人口が多いから、一人の市長では無理だから大阪都とほざいているが、大阪市よりも、人口も多く面積も広い横浜市長がそのようなことなど言われたことはない。橋下徹のように、市長職をサボっていればそれは手が回らないのは分かるが、それを理由にするなどと言うこと自体、大阪都構想に無理がある。橋下徹が、毎晩、市役所で徹夜をしているというのならば、大阪市長一人では大変だとなるが、選挙になれば、1週間以上公務をサボっているのだから、現実味が無い。
 大阪の有権者は、そろそろ大阪維新の会の嘘の呪縛から解き放されて欲しいと思う。橋下よりもちゃんと仕事をする市長、府知事を選べば、大金を使って大阪都などにすることはないのだ。橋下徹を市長とするから、無駄なカネを使って大阪都にしなければならないということに早く気付くべきだ。(No.4321)

|

« ねじ曲げはお詫びで済まぬのが朝日 | トップページ | 政治屋は認識ないと罪問えぬ »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

維新の党」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/60857830

この記事へのトラックバック一覧です: 期限付き辞任はいつもやってます:

« ねじ曲げはお詫びで済まぬのが朝日 | トップページ | 政治屋は認識ないと罪問えぬ »