« 税制が企業努力を無駄にする | トップページ | インフレで介護切り捨てする財務 »

党代表が比例復活さえできぬ

「党の顔」失いショック…海江田代表が落選
 衆院定数の半数に満たない候補者しか擁立できず、政権交代の選択肢を有権者に示せないまま選挙に臨んだ民主党。議席を伸ばしたものの与党の大勝を許しただけでなく、海江田代表が落選することとなり、党関係者らはショックを隠せなかった。
 海江田さんは14日午後10時半、東京・永田町の民主党本部5階に設けた開票センターに姿を現した。テレビのインタビューに対し、こわばった表情で「大変厳しい情勢だった」と述べ、「投票率が低く、解散から投票までの期間が短かった」と悔しさをにじませた。
 自身の東京1区での敗退について、「私を捨てて全国の仲間の応援に回った。努力はしたが、報われなかった」と語ったが、この時はまだ比例選での復活に望みがあり、「これからも野党の中心として、政権にしっかり対峙たいじしないといけない」と強調していた。
 だが、日付が変わった15日午前1時半頃、議席そのものを失うことが確実に。陣営関係者によると、海江田さんは、東京都新宿区内の事務所に詰めていた陣営幹部ら一人ひとりに電話で「ありがとう。残念だった」とお礼を言ったという。
 枝野幹事長は、海江田さんの落選について「大変残念なこと。自分の選挙区がありながら、走り回っていただいた」と硬い表情を見せ、「きょう会うことになっているので、直接話をする」と繰り返した。
 ある民主党関係者は「党の顔である代表が落選したことは残念」とショックを隠せない様子。一方、同党の都議は「海江田さんは党内の意見をまとめる努力をしていなかった」と突き放し、「政権を失って2年、国民に成長を感じてもらえなかった結果だ。今一度、反省して出直しが必要だ」と危機感をにじませた。(以上(読売新聞2014年12月15日04時25分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2014/news/20141215-OYT1T50030.html

 マニフェスト詐欺の実行犯である民主党代表の牛江田万里が、総選挙で比例復活もできずに見事な落選を果たした。
 比例復活も、歩く国賊・菅直人と惜敗率を争って負けたと言うのだから、どうしようもないだろう。まあ、自分を慰めるために「全国を飛び回った」という言い訳も空しく響くが、元総理でありながら、自分だけの選挙に集中した歩く国賊・菅直人に負けたというのが悔しいのなら分かる。どちらにしろ、党をまとめる力すらないのだから、落選しても当然のことだ。国民の信頼を裏切って自民党と手を結んだ村山富市の社民党(旧社会党)も、政党要件を満たすギリギリまで追い出すのに20年掛かっている。民主党もその位の期間を掛けて、この世から居なくなって貰うしかあるまい。マニフェスト詐欺で国民を騙したのだから。
 それにしても、歩く国賊・菅直人のしぶとさには驚いた。議席への執着は、時間外でも名前を連呼して、公職選挙法違反ギリギリで選挙をやっているのだから。(No.4312)

|

« 税制が企業努力を無駄にする | トップページ | インフレで介護切り捨てする財務 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/60812776

この記事へのトラックバック一覧です: 党代表が比例復活さえできぬ:

« 税制が企業努力を無駄にする | トップページ | インフレで介護切り捨てする財務 »