« 総理になりたくて失言を繰り返す | トップページ | 今日もまた嘘を並べている朝日 »

民主党嘘を嘯くのは得意

民主・枝野氏と維新・江田氏が衆院選の戦略語る
 民主党の枝野幹事長と維新の党の江田共同代表は8日、BS日テレの「深層NEWS」で、衆院選の戦略を語った。
 枝野氏は、民主党が政権交代を掲げていないことについて、「野党第1党として過半数の候補者を立てることが望ましいかもしれない。ただし、私どもは2年前に政権を失い、再出発をした中で、国民に『政権を預けてください』とお願いするのは、少し、せんえつだろう」と述べた。
 江田氏は「安倍首相は、約束した国会議員の定数削減をやらずに衆院を解散した。国会議員が率先して身を切らなければ、政治不信は解消されない」と述べ、国会議員の定数3割削減など「身を切る改革」に取り組む姿勢を強調した。(以上(読売新聞2014年12月08日23時17分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2014/news2/20141208-OYT1T50144.html

 大本営・枝野幸男が、テレビ番組でおおほらを吹いたそうだ。
 民主党が過半数の候補者を立てられなかった理由に、3年3ヶ月に及ぶ民主三バカ政権のことは棚に上げて、「国民に『政権を預けてください』とお願いするのは、少し、せんえつ」とほざいたらしい。現実は、民主党から候補者が逃げ出して、候補者を立てられなかったと言うのが本音だろう。まあ、大本営・枝野幸男だから「直ちに影響はない」と嘯いているのだろう。民主党がほざいていたように、比例区の定員を80減にしていたら、どれだけの議席が確保できたか、是非とも、総選挙後に勘定して欲しいものだ。
 民主党に「反省」と言う二文字がないのだから、どうしようもない。メールで意見しようとしても、個人情報を全て書かないとメールが発信できないように民主党はしているので、気軽に国民の声を届けようなどと言うことは不可能だ。国民の声に耳を塞いだ民主党に将来があってはならないことだ。是非とも、今回も前回以上の大敗北を喫して欲しいものだ。(No.4306)

|

« 総理になりたくて失言を繰り返す | トップページ | 今日もまた嘘を並べている朝日 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/60783385

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党嘘を嘯くのは得意:

« 総理になりたくて失言を繰り返す | トップページ | 今日もまた嘘を並べている朝日 »