« 当たらない震度マップをまだ出す愚 | トップページ | 新党へ懲りない小沢まだ足掻く »

大物ぶって出馬をじらすのは岡田

岡田・前原氏、26日ごろ決断=代表選構図、年内にも-民主
 民主党の岡田克也代表代行は20日、来年1月の党代表選に立候補するかどうかについて、24日召集の特別国会が閉幕する26日ごろに決断する考えを示した。前原誠司元外相は26日までに判断すると表明し、枝野幸男幹事長は岡田氏が出馬すれば支持する意向を示した。出馬表明済みの細野豪志元幹事長を含む代表選の主な構図が、年内にも固まる情勢となってきた。
 岡田氏は20日、津市内で記者会見し「現時点で結論を出していない。非常に重い責任があるので、任に値するか考えを巡らせている」と述べた上で、判断時期について「年内いっぱいだと、少し間に合わない」と語った。周囲には「必ずしも26日までということではない」と話している。
 前原氏は東京都内で記者団に「特別国会が終わるまでには、仲間と相談して最終的に出るか出ないかを含めて対応を決めたい」と説明。これに先立ち、BS朝日の番組で、細野氏の支持に回る可能性を問われ、「自分が出ることもあれば、誰かを推すこともある」と述べるにとどめた。
 枝野氏は岡田氏について、同じ番組の収録で「私の考え方に近い。出ると確信している」と語った。この後、さいたま市内で記者団に「(岡田氏は)経験と安定感が十分な方だ。間違いなくリーダーになり得る」と指摘。「私が今回代表選に出ない方が強い態勢をつくれるのではないか」とも述べた。一方、枝野氏は番組収録で、細野氏を支持する考えはないと明言した。
 細野氏はBS朝日の別の番組で「民主党の再生が最優先だ。その上で、民主党の考え方と同じ人がいれば結集する可能性はいろんな形で探っていく」と語り、当面は党再建を重視する姿勢を改めて示した。(以上(時事ドットコム2014/12/20-21:54)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014122000142

 民主党の代表選で、モナ男こと細野豪志は出馬表明済みだが、イOンの守護神・岡田克也がもったいぶって出馬表明を見送っている。
 岡田克也の政権時代の唯一の成果は、アメリカに「朝鮮戦争時に在日米軍基地を使う前に事前協議をする」と念を押した一点だけだ。後は、イOンのためにひたすら尽くして、南朝鮮からの雑菌もぶれのキムチを検査無しで輸入をさせるようにしたことなど、日本のためよりイOンのための政治をやって来た輩だ。また、今回の民主党代表選挙には、在日サポーターも選挙に参加できるのだから、日本の政党の代表を決めるのに、在日外国人の意向も入る選挙であり、今の情勢では絶対に無いことだが、日本の総理を決めるのに、外国人の意向が入るというおかしなことによって選ばれるのだ。サポーターまで含んだ代表戦で選ばれて総理になったのが、歩く国賊・菅直人だ。歩く国賊・菅直人が何をやったかを思い返してみれば、ろくでもないことしかやっていないことは明白であり、その後追いを懲りずにやるのが民主党ならではの馬鹿らしさだろう。
 どうでも良いことだが、何かにつけてサッサと決められないのが民主党だ。本来ならば、臨時国会の首班指名の時には新しい代表を決めるという認識すら欠如している政党に政治など任せることなどできるはずがない。(No.4318)

|

« 当たらない震度マップをまだ出す愚 | トップページ | 新党へ懲りない小沢まだ足掻く »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/60842224

この記事へのトラックバック一覧です: 大物ぶって出馬をじらすのは岡田:

« 当たらない震度マップをまだ出す愚 | トップページ | 新党へ懲りない小沢まだ足掻く »