« 民主党立候補から不戦敗 | トップページ | みんなして節操ないと目立たない »

駆け込みで寄らば民主という愚策

寄らば民主、7人移動…公示控え野党間駆け込み
 衆院選の公示が12月2日に迫る中、前衆院議員が政党を移動するケースが相次いでいる。
 21日の衆院解散後、新たな所属政党で公認を受けた立候補予定者は8人に上り、うち7人が民主党(解散時55人)に移った。みんなの党(同8人)が28日に解党するなど、いわゆる「第3極」の党勢低迷が背景にある。
 読売新聞社の集計では、みんなの党の3人をはじめ、生活の党(同7人)2人、諸派の新党大地(同1人)と無所属各1人の計7人が民主党に移った。太陽の党(同1人)代表だった西村真悟氏は次世代の党(同19人)に入った。全員が小選挙区で戦う予定だ。
 このうち、無所属から民主党入りした阿部知子氏は、2009年までは社民党、12年は日本未来の党で当選した。今回、神奈川12区から立候補予定だったが、民主党の元議員が出馬を見送ったため民主入りを決めた。
 みんなの党に所属していた山内康一氏は、05年衆院選で自民党公認として初当選した後、09年衆院選の直前にみんなの党の結成に参画。12年衆院選も含め連続当選を果たしたが、解党に伴い、民主党入りを決めた。
 移動先が民主党に集中したのは、野党第1党の知名度と全国規模の支援組織があてにできるためとみられる。「寄らば大樹の陰」というわけだ。「第3極」の維新の党に流れる前議員はいなかった。看板政策の大阪都構想が行き詰まっているという事情もありそうだ。
 同じく第3極だったみんなの党の浅尾代表は28日午前の記者会見で、「独自の道をそれぞれ歩んでいく」とし、解党後、自らは無所属で出馬する考えを表明した。
 一方で、生活の党の動向が臆測を呼んでいる。小沢代表は前議員が他党から立候補することを容認しており、鈴木克昌、小宮山泰子の両氏が民主党に復党した。2人は小沢氏側近として民主党時代から行動を共にしており、「選挙後の野党再編をにらんだ布石」との見方も出ている。(以上(読売新聞2014年11月28日15時07分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2014/news1/20141128-OYT1T50084.html

 総選挙公示日を間近に控えた今、第3極と言われる弱小政党から、候補者が民主党になだれ込むという現象が起こっている。
 一番節操がないのは阿部知子だ。社民党、日本未来の党と渡り歩いた後に無所属となり、神奈川12区から立候補予定だったが、民主党が候補者の擁立を断念したから、民主党入りしたというのだから、筋金入りの政治信念のない風見鶏だ。要するに、民主党が小選挙区の半分にも満たない候補しか集められないから、その隙間を狙った無節操だ。また、守銭奴・小沢一郎の生活の党からも、鈴木克昌、小宮山泰子が民主党に復党をするという無節操なことを平気でやってのけた。
 有権者をバカにした、選挙直前の烏合で民主党に戻った輩も含めて、民主党候補者を一人でも多く落選させることが、今の日本のためになる。民主党は、日本の利益よりも、南朝鮮の利益を優先する党なのだから、日本には不要なのだ。(No.4296)

|

« 民主党立候補から不戦敗 | トップページ | みんなして節操ないと目立たない »

みんなの党」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

生活の党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/60730372

この記事へのトラックバック一覧です: 駆け込みで寄らば民主という愚策:

« 民主党立候補から不戦敗 | トップページ | みんなして節操ないと目立たない »