« 橋下のワガママが司法に通じない | トップページ | 駆け込みで寄らば民主という愚策 »

民主党立候補から不戦敗

民主、過半数擁立難しく…党勢低迷200人前後
 12月2日公示・14日投開票の衆院選で、民主党の公認候補者は衆院定数(475)の過半数(238)を下回ることがほぼ確実となった。
 同党は1998年の結党以来、全5回の衆院選で半数を上回る候補を擁立してきたが、2012年の野党転落後の党勢低迷が響いた。民主党の候補減少の影響もあり、全立候補予定者も、27日現在の読売新聞社の集計では12年衆院選(1504人)の約3割減の1091人にとどまっている。最終的に1100人強となりそうだ。
 民主党は27日現在、全295小選挙区に正式な公認候補177人を決めている。比例選の候補は1日に発表予定だ。党幹部は27日、最終的な候補者数について、「小選挙区は増えたとしても数人。比例選は、単独候補を擁立しない地域ブロックもある。全体で200人弱だ」と述べ、200人前後にとどまるとの見通しを明らかにした。民主党が過半数を超えられないため、衆院選後に野党再編などがない限り、自民党と争う「2大政党」の構図は生まれない可能性が大きくなってきた。(以上(読売新聞2014年11月28日04時03分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2014/news1/20141128-OYT1T50000.html

 民主党が総選挙を前にして、立候補者の数からして過半数を取れないという不戦敗を認めたらしい。
 賢い候補者は、民主党の泥舟の沈没と政治生命を共にしたくないという選択だろう。まあ、みんなの党から流れてきた奴もいるが、結局は、民主党では勝てないという判断だ。なぜ、民主党がここまで凋落したかと言えば、まず、自分たちのやったことに対する反省がなく、自民党を責めても、自分たちがかつてやっていたことで責めるものだから、ブーメランが返ってくるだけだった。蓮舫のバカにしても、うちわがどうのこうので法相を辞任させたという自負があるのだろうが、もっとおかしなカネの使い方をしているのが民主党内にウジャウジャいるのだから、単に、運が悪かったぐらいのことだ。革マル派枝野幸男に至っては、安倍総理から革マル派関連団体からの献金を国会の場で暴かれるという体たらくだから、票以前に立候補者が集まらないのも仕方ないことだ。
 総選挙が終われば分かるだろうが、有権者が民主党に期待しているのは極一部の民主党シンパだということが分かるだろう。二大政党制とほざいているが、民主三バカ政権時代の悪政が、民主党に政権を取らせるととんでもな悪行三昧をやるというのがトラウマになっているから、民主党が自民党の対抗軸として存在することなど無理な話だ。民主党の将来は、社民党の姿が確約されているようなものだ。(No.4295)

|

« 橋下のワガママが司法に通じない | トップページ | 駆け込みで寄らば民主という愚策 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/60725493

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党立候補から不戦敗:

« 橋下のワガママが司法に通じない | トップページ | 駆け込みで寄らば民主という愚策 »