« 客舐めた報いマックの大赤字 | トップページ | 法人税弱小企業ならいじめ »

軍政と変わらぬ韓国の司法

「起訴、民主国家としてあり得ない」…日本反発
 韓国のソウル中央地検による産経新聞の前ソウル支局長の在宅起訴に関して、岸田外相は8日夜、東京都内で記者団に対し、「韓国側には慎重な対応を求めてきた。報道の自由や日韓関係にも影響することで大変遺憾で憂慮している」と語った。
 政府高官は「民主主義国家としてあり得ない対応だ。韓国政府に対し、遺憾の意を示したい」と批判した。在宅起訴が、改善の兆しが見え始めていた日韓関係に悪影響を与えるのは必至とみられる。
 日韓両国は1日、1年9か月ぶりの「戦略対話」で、斎木昭隆外務次官と韓国外交省の趙太庸チョテヨン第1次官が、日韓首脳会談実現に向けて、努力する方針を確認していた。政府関係者は「日韓関係を改善していこうという時に、タイミングが悪い」と語った。(以上(読売新聞2014年10月09日00時28分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20141008-OYT1T50167.html

 南朝鮮のソウル中央地検が産経新聞記者を在宅起訴したそうだ。
 民主主義など表向き南朝鮮が言っているだけで、実際の南朝鮮の中身は軍政時代と何も変わっていないと言えるだろう。朴槿恵の糞ババアのヒステリー一つで、朝鮮日報の記事を元に書いただけの産経新聞を起訴するのだから。そして、朝鮮日報は起訴せずに、産経新聞だけを起訴するというのだから、日本を狙い撃ち以外の何物でもない。外務省では、「戦略対話」と称して、首脳会談実現に向けて努力しているようだが、そのようなものは不要になったと言えるだろう。
 外務省は、南朝鮮に日本人が行くと何の言い掛かりを付けられて身柄拘束されるか分からないのだから、日本人の南朝鮮への渡航は禁止措置を取るべきだ。(No.4245)

|

« 客舐めた報いマックの大赤字 | トップページ | 法人税弱小企業ならいじめ »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/60447870

この記事へのトラックバック一覧です: 軍政と変わらぬ韓国の司法:

« 客舐めた報いマックの大赤字 | トップページ | 法人税弱小企業ならいじめ »