« 景気より「うちわ」が大事茶番劇 | トップページ | 地方創生アイデアは金で釣る »

小渕氏は民主党より潔し

「内閣に迷惑かけられない」小渕氏、辞任不可避
 小渕経済産業相は、関連する政治団体で不透明な資金処理があった問題を巡り、近く進退を判断する。
 周辺には「内閣に迷惑はかけられない」と伝えており、政府・与党内では、辞任は避けられないとの見方が強まっている。政治資金の調査結果を踏まえて最終判断する。安倍首相は、小渕氏の対応を見守る考えだ。
 小渕氏は18日、経済産業省で記者団に対し、「今やらなければならないことは、自身の政治資金のことに関する問題のために、しっかり調査をすることだ」と述べ、調査を急ぐ考えを強調した。小渕氏はこの日、予定していた愛知県内での式典出席をキャンセル。20日か21日で調整していたプリツカー米商務長官との会談を見送ることも決めるなど、公務に支障が出ている。
 首相は18日午後、アジア欧州会議(ASEM)首脳会議出席を終え、政府専用機で羽田空港に到着した。その後、首相公邸で、政府関係者から外遊中の国内情勢について報告を受けた。(以上(読売新聞2014年10月19日08時49分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20141018-OYT1T50145.html

 小渕優子経産相が、大臣を辞任する意向らしい。
 安愚楽詐欺の片棒を担いだ泣き虫・海江田万里は、意気揚々としているのだろうが、自分が何をしてきたかということは棚に上げている。歩く国賊・菅直人内閣時代、経産相を辞めると泣きながら言っておきながら、内閣崩壊まで経産相にしがみついていた。本当に、これで日本の政治が良くなるのか、全く疑問だ。民主党は、有権者の声、特に民主党に都合の悪い事には、耳を塞いでブロックしているのだから、裸の王様と同じだ。今、国会で議論しなければならないのは、経済の問題、エボラ出血熱への対応と言った最重要案件があるにも関わらず、大臣の辞任をせがむという、政治家としての資質が欠如しているとしか言いようがない。歩く国賊・菅直人にしても、北朝鮮の政治団体への政治献金問題で、進退を問われていた丁度その時に、東日本大震災が発生し、野党は歩く国賊・菅直人の追求を止めて、震災対応を国会ぐるみで行った。今から見れば、歩く国賊・菅直人をそのまま追及の手をゆるめずに、永田町の留めておけば、原発菅災もここまで酷くなっていなかったのではないかと思うし、総理を変えていた方が、震災対応もマシだったのではないかとさえ思う。
 まあ、民主党は次の世論調査で、どれだけ政党支持率が上がっているか楽しみにしていればよいだけだ。(No.4255)

|

« 景気より「うちわ」が大事茶番劇 | トップページ | 地方創生アイデアは金で釣る »

危機管理」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/60508313

この記事へのトラックバック一覧です: 小渕氏は民主党より潔し:

« 景気より「うちわ」が大事茶番劇 | トップページ | 地方創生アイデアは金で釣る »