« 小渕氏は民主党より潔し | トップページ | 国会がうちわの定義議論する »

地方創生アイデアは金で釣る

自治体の努力反映=交付税配分を見直し-石破地方創生相
 石破茂地方創生担当相は18日、広島県尾道市での講演で、地方の財源不足を補う地方交付税制度について「努力したところにもっといいことがある仕組みができないか」と述べ、各自治体が活性化などの成果を出した場合、交付税の配分により反映されるよう見直す必要があるとの認識を示した。
 石破氏は、各省が所管する補助金についても「いろんな補助金があるが、どうにも使いにくい。アイデアを地方から出していだたき、国はそれに応える形で変えたい」と強調。自治体の意見を踏まえ、使いやすい制度へ改めることを検討する考えを示した。(以上(時事ドットコム2014/10/18-20:07)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2014101800281

 どや顔の石破茂が、地方交付税制度について、努力した所にもっと配るという認識を示した。
 まあ、無任所大臣だから、予算を取ってカネをばらまくことぐらいしか、石破のできる仕事は無いだろうが、結局は、自分で地方創生のアイデアを考えるのではなく、地方からアイデアを集めて、それにカネをばらまくと変えただけだ。お宝探偵団を見れば分かるが、日本の何処に行っても箱物だけは充実している。それがこれまでのバラマキの成果とも言える。しかし、地方がどのようにして栄えるかなど考えられた様子はなく、農業で言えば、補助金のバラマキだけで、根本的に農業を儲かる姿に変えようなどという発想は、幾多にも及ぶ法的制約によって、専業農家よりも、三ちゃん農業の兼業農家に有利になっているだけだ。もちろんそれは、JAを頂点とする集票マシーンということだ。
 石破は鳥取県選出の議員なのだから、人から聞かなくても持論があるはずだが、それも持ち合わせていないとすれば、こちらの方が大臣失格ではないだろうか?(No.4256)

|

« 小渕氏は民主党より潔し | トップページ | 国会がうちわの定義議論する »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/60515322

この記事へのトラックバック一覧です: 地方創生アイデアは金で釣る:

« 小渕氏は民主党より潔し | トップページ | 国会がうちわの定義議論する »