« ブーメラン指摘されぬと分からない | トップページ | ドラマでは悪役ばかり民自党 »

辻元を助けたことが徒となり

安保法制で攻防 民主、勢い込むも返り討ち 首相「国民に誤解される」と反論
『臨時国会の焦点となっている集団的自衛権の行使容認に向けた政府の閣議決定をめぐり、安倍晋三首相と民主党による攻防の火ぶたが切って落とされた。民主党は衆院解散を見据え、徹底抗戦の構えで3日の衆院予算委員会に臨んだが、首相に次々と論破される場面が目立った。集団的自衛権の見解をあいまいにする民主党の体質が、攻めきれない迫力不足の要因になっているようだ。
 「首相は現場を知らない!」
 こう舌鋒(ぜっぽう)鋭く迫ったのは民主党の辻元清美氏。首相追及のターゲットに絞ったのは、政府が集団的自衛権の行使対象として例示した「邦人を輸送する自衛隊の米艦防護」だった。
 辻元氏は、平成9年に自衛隊と米軍の役割分担を定めるため改定した「日米防衛協力のための指針(ガイドライン)」の審議に自身も参加したことに言及し、「邦人救出は米国に断られたのではないか」と詰め寄った。米軍は邦人を救出しないのだから、「米艦防護」の事例は現実性がなく、集団的自衛権の行使容認は不要だと印象付ける狙いがあったようだが、返り討ちにあった。
 首相は「米国は義務化は困るということだ。当然協力はする」とばっさり否定。その後も辻元氏は批判を繰り広げたが、そのたびに首相に反論され、平行線に終わった。』(以上(産経新聞2014.10.4 05:00)より部分引用)
http://www.sankei.com/politics/news/141004/plt1410040004-n1.html

 2009年5月11~13日にピースボートを自衛隊に護衛させた辻元清美が、集団的自衛権の行使に噛みついたそうだ。
 「邦人を輸送する自衛隊の米艦隊防護」について噛みついたそうだが、ピースボートは既に自衛隊に防護して貰っているではないか。そのように自分の都合の良い時には、自衛隊を利用したくせに、難癖を付けるのはさすがに民主党だ。自衛隊もピースボートの護衛を拒否して、ピースボートがソマリア沖・アデン湾で海賊の襲撃を受けるのを遠くから眺めておくだけで良かったのではないだろうかと言いたくなる。当時の記事に『ピースボートは市民団体による海自派遣反対の共同声明にも名を連ねている』と言うくせにいざ困れば自衛隊を利用すると言う姑息な集団のボスが辻元清美なのだ。
 そのようないちゃもんを付ける前に、民主党は集団的自衛権に対する党内の意見を集約するのが先だろう。辻元も自衛隊に助けられずに、海賊の襲撃を受けていれば、今のように国会で糞文句も言えなかっただろうに、自衛隊は余計なことをしたものだ。(No.4240)

|

« ブーメラン指摘されぬと分からない | トップページ | ドラマでは悪役ばかり民自党 »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/60418504

この記事へのトラックバック一覧です: 辻元を助けたことが徒となり:

« ブーメラン指摘されぬと分からない | トップページ | ドラマでは悪役ばかり民自党 »