« 税上げて景気よくなるはずもなし | トップページ | 安保なら日米豪でやればよし »

アジに混ぜフグまで売っているイオン

アジのパックにフグ混入 岐阜・大垣のイオン販売
 岐阜県は8日、大垣市のスーパー「イオン大垣店」で販売していたアジのパックに、フグが混入していたと発表した。健康被害は報告されていないという。
 県によると、「豆あじ(福井県産)」で同日、売り場で買い物客から指摘を受け、確認したところ、全長約8~10センチのフグが入っていた。午前中に10パックが売れ、うち3パックの購入者が不明だという。
 アジは愛知県内の業者から購入し、店内で小分けした。フグの種類は不明だが、食べると手足のしびれやまひの症状が出て、死亡する可能性もあるという。
 問い合わせは、イオンリテール東海・長野カンパニー(052・589・0737)。(以上(朝日新聞2014年9月9日00時50分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASG986V28G98OHGB00W.html

 最近、続いているのだが、今度は「イオン大垣店」でアジのパックにフグが混入していたとの発表があった。
 アジは業者から購入して、店内で小分けをしているのだから、店員のモラルというかやる気の問題だ。まあ、安い時給でパートを雇っているのだから、店員にそこまで求める方が問題なのかも知れないが、常識で考えても、アジとしぼんだフグを見間違うわけがない。もしかすると、店員には傷んだ魚を商品に入れないということすら、判断させていないのかも知れないし、逆に、捨てると損をすると言われているのかも知れない。
 事故を未然に防ぐには、イオンなど信用せず、自分の目で確かめて買うしかないのだろう。それほど、スーパーのモラルは地に墜ちているのだ。(No.4205)

|

« 税上げて景気よくなるはずもなし | トップページ | 安保なら日米豪でやればよし »

危機管理」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/60286996

この記事へのトラックバック一覧です: アジに混ぜフグまで売っているイオン:

« 税上げて景気よくなるはずもなし | トップページ | 安保なら日米豪でやればよし »