« スパコンも当てにはならぬエルニーニョ | トップページ | GDP消費税率上げたツケ »

泥棒に返せと言えば罪になる

人形「万引き犯」の顔、公開中止「警察信じる」
 古い玩具や漫画などを販売する古書店「まんだらけ」(東京)が、鉄人28号の人形を万引きしたとされる男のモザイク付き写真をインターネットのホームページ(HP)に掲載していた問題で、同書店は13日未明、人形が返還されなければモザイクを外すとしていた従来の方針を改め、公開を中止するとHPで発表した。
 万引きの被害届を受けた警視庁中野署が「捜査に支障が出る恐れがある」として写真を公開しないよう申し入れており、まんだらけは、警察の捜査に協力するなどの理由で公開をやめたとしている。
 まんだらけのHPでは、警告文と盗まれた鉄人28号の人形の写真、さらに同書店で防犯カメラに映った男の写真が、顔にモザイクをかけた状態で公開されていた。人形の店頭販売価格は25万円で、万引きしたとされる男が12日までに人形を返さなかった場合、顔写真のモザイクを外して公開すると表明していた。
 専門家からは「顔写真を公開すると男を脅すことは、脅迫罪に該当する可能性がある」「名誉毀損にあたる」といった指摘も出ていた。
 13日未明に更新されたHPでは、犯人の身内らしき人物からまんだらけに電話があったものの、人形が返還されていないことを明らかにした。さらに「今後は証拠も十分あるので、警察の方々のお力を信じてお任せしてまいります」とのメッセージを掲載した。(以上(読売新聞2014年08月13日08時43分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140813-OYT1T50000.html

 鉄人28号の人形を盗まれた古書店が、万引き犯のモザイク付写真をHPに掲載した問題で、警視庁中野署の圧力により、モザイクを外すとしていたことから一転して公開を注すると発表したそうだ。
 警視庁中野署からすれば、それほどの事件でもないからなあなあで済ませたいのだろう。それを店に犯人の写真を出されると商売あがったりと思っているのだろう。また、何の専門家か分からないが「顔写真を公開すると男を脅すことは、脅迫罪に該当する可能性がある」「名誉毀損にあたる」などという指摘もなされているそうだが、犯罪者を庇う必要=人権問題とでも言うのだろうか。それならば、警視庁中野署がモザイクを外した顔写真を公開すれば良いではないか。顔写真を公開すると捜査の何に支障があるというのだろうか。それは単なる元目明かしのプライドだけだろう。
 日本では、犯人の人権が最優先で、被害者が犯人の顔写真を出すことも犯罪になるというのだから、おかしな時代になったと思う。そして、犯人が特定されても、人権派弁護士という屁理屈で無実を勝ち取ることが当然のようになっている。(No.4188)

|

« スパコンも当てにはならぬエルニーニョ | トップページ | GDP消費税率上げたツケ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/60142765

この記事へのトラックバック一覧です: 泥棒に返せと言えば罪になる:

« スパコンも当てにはならぬエルニーニョ | トップページ | GDP消費税率上げたツケ »