« ゆうパック遅配誤配は当たり前 | トップページ | 環境省予算のための策を練る »

菅直人市民団体ならウケる

それでも再稼働なのか!と題し、菅元首相講演へ
 市民団体「反原発・かごしまネット」(鹿児島市、向原祥隆代表)は、菅直人元首相を講師に招いた講演会を7日、鹿児島市中央公民館で開く。
 菅元首相は2011年3月に起きた東京電力福島第一原子力発電所の事故で、首相として対応に当たった。講演では、「福島原発事故の真実 それでも川内原発、再稼働なのか!」と題し、当時の経験などを語る。
 午後7時開演。入場料500円で、事前予約は不要。問い合わせは同ネット(099・248・5455)へ。(以上(読売新聞2014年08月04日07時09分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140803-OYT1T50024.html

 東日本大震災時、ひとりよがりで原発事故をより悲惨にした張本人である歩く国賊・菅直人が、懲りもせずに「反原発」で講演会を開くそうだ。
 歩く国賊・菅直人は、震災翌日、福島第一原発にマスコミを連れて、悲劇のヒーローの如き振る舞いをした。バカな張本人は、ベントの邪魔にならなかったとほざいているが、実際、歩く国賊・菅直人が福一にいる間、冷却対応のために来ていた自衛隊は、福一の正門前で、歩く国賊・菅直人がいなくなるまで待機させられていたのだ。もし、もっと早く自衛隊が冷却作業に入れていれば状況は変わったかも知れない。まあ、今回の主催者が「反原発・かごしまネット」という市民団体だ。市民団体と言えば聞こえが良いが、歩く国賊・菅直人も市民団体で4列目の男と言われていたように、デモをしても安全な4列目にいた男だ。市民団体と言えば聞こえが良いが、歩く国賊・菅直人に関わるということは、ある特定人種の権利に関わる団体とも推測できる。歩く国賊・菅直人が北朝鮮に関連した市民団体に多額の献金をした疑惑も拭えていないのだ。
 歩く国賊・菅直人の自己満足な欺瞞に満ちた話が聞きたい人は五百円を払って聞けば良いのだろうが、歩く国賊・菅直人の話に五百円の価値を見出す人がどれだけいるだろうか読売新聞の続報に期待したい。(No.4179)

|

« ゆうパック遅配誤配は当たり前 | トップページ | 環境省予算のための策を練る »

危機管理」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/60096115

この記事へのトラックバック一覧です: 菅直人市民団体ならウケる:

« ゆうパック遅配誤配は当たり前 | トップページ | 環境省予算のための策を練る »